注目記事
iPadのサイズ比較!12.9インチと10.5インチどっちがいい?

iPadを購入するときに悩むのが画面サイズですよね。高い買い物だけに、サイズを選ぶのはホントに難しくて悩んでしまいます。

今回は、自身が所有している12.9インチのiPadと10.5インチのiPadで、どちらが使いやすかったをお伝えしようと思います。

ここで紹介するiPadのサイズは現行のiPadと少し違っていますが、おおよその目安にはなるかと思います。

iPadのサイズ選びで悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

iPadのサイズを比較!使いやすいのはどっち?

自身の場合、12.9インチのiPad Proを購入した後に、10.5インチのiPad Proを追加購入しています。

結果的には両方とも使っているので、「どっちが使いやすいの?」って聞かれたら、「どっちも使いやすい」とお答えします。

「答えになってないやん!」っていう声が聞こえてきそうですが、「どんな使い方をするか」で、どのサイズのiPadが使いやすいかは違ってきます。

iPad pro 12.9インチと10.5インチで比較

今使っているiPadは、【2015年のiPad Pro12.9インチ】【2017年のiPad Pro10.5インチ】の2機種。

両方とも使い続けてきた感想を一言で例えるなら、12.9インチのiPadは「クリエイター向け」10.5インチのiPadは「一般・営業向け」といったところです。

12.9インチはクリエイター向け

12.9インチのiPadは、本体が大きいことと、バッテリーの減りが早いので外出先で使うことはありませんが、デスクで使うことを前提にすれば非常に使いやすいサイズです。

A4の用紙サイズに近い大きさなので、主にイラストを描くときに使っていますが、画面を拡大縮小するピンチアウト・ピンチインという動作が少なくて済むので、楽に作業ができます。

また、細かい原稿チェックや文字校正でも使いやすいので、イラストレーターやデザイナーといったクリエイター職なら、12.9インチのiPadを持っておくと便利です。

 

イラストを描くためのアプリが気になる方は『【オリジナルグッズを作成するイラストアプリ】おすすめを紹介!』も合わせてご覧ください。

12.9インチiPadのメリット
    • 作業領域が広いので細かい作業がやりやすい
    • 画面の拡大縮小(ピンチアウト・ピンチイン)の動作が少ない
12.9インチiPadのデメリット
    • 持ち運びにくい
    • バッテリーの減りが早い

10.5インチは一般・営業向け

10.5インチのiPadは、自宅や外出先など、いろんな場所で使っています。

B5の用紙サイズに近い大きさなので、ノートの代わりとして持ち歩くことが多いです。

画面が小さい分、絵を描いたり文字チェックなどの細かい作業をすると、画面のピンチアウト・ピンチインの動作が増えるので、ちょっとしんどいです。

文字を書いたりササッと描く程度の簡単なラフスケッチなら10.5インチで十分。

自宅だけでなく、取引先や社内での打ち合わせにも使えるので、汎用性が高いサイズです。

10.5インチiPadのメリット
    • 持ち運びやすい
    • 汎用性が高くいろんな場面で使える
    • バッテリーが長持ち
10.5インチiPadのデメリット
    • 作業領域が狭いので細かい作業には向かない
    • 画面の拡大縮小(ピンチアウト・ピンチイン)の動作が多い

Wi-fiモデル? セルラーモデル?

サイズが決まったら、Wi-fiモデルかセルラーモデルのいずれかを選ぶ必要がありますが、自身がおすすめするなら、12.9インチならWi-fiモデル、10.5インチならセルラーモデルです。

持ち運びにくい12.9インチをセルラーモデルにしたところで、外出先で使うのが面倒に感じてWi-fiしか使わなくなるだろうし、反対に10.5インチでWi-fiモデルを選んでしまったら、せっかくの携帯性が活かせないといったことに。

【大きい12.9インチ】→【持ち運ばない】→【Wi-fiモデル】

【小さい10.5インチ】→【持ち運ぶ】→【セルラーモデル】

という選び方でよいかと思います。

まとめ

自身はiPadは買うかどうかを決めるだけでも勇気がいったのですが、そこから「サイズはどれがいいか」「Wi-fiにするかセルラーにするか」も考えないといけないので、Appleの公式サイトでポチるまでには悩みに悩み抜き、ホントに頭が痛くなりました(笑)

結局のところ両方のサイズを所有していますが、自宅で絵を描いたり、デザインの原稿チェックは12.5インチを使用して、その他の調べごとや打ち合わせでは10.5インチといった感じで、用途によって使い分けています。

最初は2台持ちすることなんて考えていませんでしたが、最初に12.9インチのiPadを使っているうちに、「外でも使いたいなぁ」と思って10.5インチを追加購入することになり、自然と使い分けるようになりました。

いずれにしても、クリエイターでもなければ12.9インチのiPadはデカすぎるだけで使いにくいので、一般的には10.5インチでよいかと思います。

絵を描くなら12.9インチ、普段使いや文字を書くなら10.5インチ

といった選び方を推奨します。 以上です!

皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングへ応援お願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事