注目記事
スポンサーリンク

adiAdobe(アドビ)の動画編集ソフトには「Premiere Pro」「Premiere Rush」の2つがありますが、この2つのソフトの違いがよく分からないですよね。

実際にPremiere RushとPremiere Proの両方を使ってみて、感じた違いについて解説したいと思います。

「Premiere RushとPremiere Proのどっちがいいか分からない」という方は、参考にしてみてくださいね。

Premiere RushとPremiere Proの違いは?

Premiere RushとPremiere Proの一番の違いとしては、「アマチュア向けかプロ向けか」という違いかと思います。

Premiere Rushの方がアマチュア向けで、Premiere Proの方がプロ向けということになりますが、「そもそもアマチュアとプロの違いってどこにあるの?」って思いますよね。

実際に2つのアプリケーションを使ってみると、それぞれにメリット・デメリットがあるので、詳しく説明していきます。

Premiere Rushの特徴

Premiere Rushの方は、動画編集の機能が限定されているため、あまり凝った表現には向いていません。

そのかわり、覚える機能が少ないので、習得するのに時間を必要としません。最初のチュートリアルを少しかじれば、その日のうちに作品を完成させることも可能。

おしゃれな感じのテロップも最初からある程度備わっているのも魅力のアプリケーション。

短い動画をたくさん編集して、YouTubeやSNSにでガンガン数をアップしていきたい人向けと言えます。

 

外出先からアプリで編集できる

Premiere Rushの一番のメリットと言えるのが、パソコンだけでなく、スマホやタブレットなどのアプリでも編集できるという点です。

外出先で撮影した動画を、その場でスマホを使って編集して、直接SNSなどに投稿することができます。

途中までスマホで編集しておいて、続きは家のパソコンで編集するといったこともできるので、いつでもどこでも動画編集ができます。

 

機能は少ないがスグに使えるようになる

機能が限定されているので、実際の編集画面を見ても、メニューやパレットの項目が少ないことが分かります。

その分覚えることが少ないのでスグに使えるようになります。

かと言って、「機能が少なすぎて全然使えない」といったこともなく、YouTubeにアップするための一般的な動画編集ならほとんどの表現はPremiere Rushで完結させることができます。

 

モザイクやぼかしが追加できない

やや残念な点としては、モザイクやぼかしを追加できないというところ。

モザイクやぼかしなどで、人物の顔を隠したい場合、Premiere Rushだけでは動画を完成させることができません。

Premiere Rushで一旦ファイルを書き出して、人物の顔を隠すことができるアプリやソフトで、後から編集するといった対策が必要になります。

 

Premiere Proの特徴

プロ向けのPremiere Proは、TVや映画などの映像制作で使用されているほどの高機能なアプリケーションなので、かなり細かい作業もできるようになっています。

多彩な機能を使いこなすことで、ほとんどの映像を表現することができますが、いろんなことができるため、細部にこだわり過ぎて、編集作業が先に進まないといったことも。

ただし、自分なりに使用する機能を限定してしまえば、覚えることも少なくてすむので、慣れてしまえばPremiere Rushと同じくらいスピーディーに作業を進めることも可能です。

 

機能は豊富だが使い慣れるまで時間がかかる

とにかく機能がたくさんあるので、Premiere Proさえあれば、ほとんど全ての映像表現が可能。

それだけ覚えることもたくさんあるので、Premiere Proの書籍を1冊熟読するか、YouTubeなどで動画による講座で、一通り学習する必要はあるかと思います。

画面のメニューやパレットもたくさんあるので、「どこにどんな機能のメニューがあるのか」を把握するだけでも大変です。

よく利用する機能だけを厳選し、効率よくカスタマイズするなどの工夫も必要です。

 

Premier Rushのデータを編集できる

Premiere Rushで編集したデータを、Premiere Proに変換して編集することができます。

途中まではPremiere Rushでサクサクっと編集して、細かい表現をPremiere Proで最終調整することができるので、Premiere Rushではできなかったモザイク処理や、ぼかし処理をPremiere Proに引き継がせることも可能です。

 

パソコンでしか使えない

Premiere Proが利用できるのはパソコンだけ。スマホやタブレットで編集ができないので、自宅やオフィスなどでの作業になります。

どうしても外出先で利用したい場合は、ノートパソコンで編集することになります。

スキマ時間を利用して編集することは難しいので、ガッツリ腰を据えて作業する場合にはPremiere Proの出番です。

Premiere RushとPremiere Proの比較表

ここまで説明した内容をざっくりと以下のように表にまとめてみました。

Premiere Rush Premiere Pro
機能 限定的 多機能
スマホ・タブレットでの編集
習得難易度 スグに使える 難しい
モザイク・ぼかしの追加
単体プラン 1,058円/月(税込) 2,480円/月(税込)

 

両方使った感想

中間のソフトが欲しい!

実際に両方のソフトを使ってみて感じたこととして、「この中間の機能が欲しい!」というのが正直なところ。

プライバシーの保護や肖像権といった観点からして、動画編集にモザイクやぼかしといった機能は必須と言えますし、プロがさながらの動画を編集しようとまで思わない人の方が多数ではないかと思います。

Premiere Rushなら機能も十分ですし、使いやすさは抜群!それだけにモザイクやぼかし処理ができないのがとにかく惜しい!

かと言ってPremiere Proまでの機能が必要かと言えば、ハッキリ言って不要といったところ。

Premiere Rushと他のアプリと連携がベストチョイス?

結局のところ、自身の場合AdobeCreative Cloudに登録しているので、基本的にPremiere Rushで編集して、Premiere Proで人物の顔を隠すといった行程で作業しています。

しかし、Creative Cloudは年間に支払う金額もバカになりません。

他のAdobeの製品が必要ないのであれば、Premiere Rushの単体プランで購入して、モザイクやぼかし処理は他のアプリなどを利用するのがリーズナブルで良いかも知れませんね。

皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングへ応援お願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事