注目記事
スポンサーリンク

「会社の仕事が楽しくなくなった。」「ああ〜早く会社を辞めて自由になりたい!」そんなことを考えながら毎日会社に出勤するようになっていませんか?

私も4年ほど前は、ホントに毎日そんなことを考えながら毎日仕事に行っていましたが、その頃はアフィリエイトが希望の光に見えたものです。

しかし、アフィリエイトは決して簡単なビジネスではありません。もしも「アフィリエイト始めるからスグに会社辞めよう!」って考えているのであれば、その前に是非この記事を読んで参考にしてみてくださいね。

会社の仕事を辞めてからアフィリエイトがしたい!

何か言いたいビジネスマン

会社を辞めたいと思った理由

会社を辞めたいと思ったことって、きっと誰にでもあると思います。理由は人それぞれだと思います。

私の場合は、年齢も経験も重ね、それなりのポジションになったとき、責任は重くなってきっても収入はそれについてこなかった事や、上司と部下の間に挟まれながら、仕事もこなさなくてはならないということが、精神的にも肉体的にも辛かったことです。

自分は会社や上司の考えと違っていても、決定してしまったことを、納得のいかないまま部下に会社の意向を伝えなければならないのはホントに辛いものがありました。

「自分の考えを捨てなければならない」ということが日に日に増していき、次第に「自分が自分でなくなっていく」こをに気がついたんです。

「自分だったらこうする!」「自分はこうしてみたい!」と考えを持っていたのですが、もう会社ではそれを実現することは不可能だと考えました。たまたま、そのタイミングでアフィリエイトというネットビジネスを知ったので、自分も挑戦してみたいと思ったんです。

悩むビジネスマン

ホントにアフィリエイトで稼げるのか?

「今の仕事を辞めてネットビジネスで稼げないか?」と考えている人は多いと思いますが、以前の私も、実際にアフィリエイトを始める前は、アフィリエイトについていろいろ本やインターネットで調べていました。

その中で気になったのが「日本アフィリエイト協議会」のアフィリエイターの月額収入に関するデータです。私が見ていた当時のデータとは既に変わっていますが、2017年のデータもそれほど大きくは変わってはいないと思います。

 

 

 

このデータを見て、どう思われましたか?

「毎月10万円以上稼いでる人ってこんなに少ないの?」って思いませんでしたか? しかも10年以上アフィリエイト続けている人も少ないと思いませんでしたか?

しかし、この数字にはちょっとしたトリックがあります。トリックというよりは統計データを、どう見るかで全く答えが違ってくるんです。私もアフィリエイトを始める前に、同じようなデータを見ましたが、このときに感じたことは、「この統計データに入っている人達は、いいったいどんな人なのか?」ということです。

ちなみに私もこの中には入っていません。

このグラフの中に、真剣にアフィリエイトをやっていた人が、何割含まれていたのでしょうか?

3ヶ月間、半年、1年と本当に継続している人だけで集計したら、もっと違う結果が出ているはずですし、経験3年といっても、常に記事を続けた3年なのか、最初は頑張ったけど1年に10記事ぐらいしか更新していない3年なのか? 同じ3年でも全く違う結果になっているはずです。

統計データは、「どんな人にアンケートをしているか」で全く違う結果になるということです。

アフィリエイトは楽しいのか?

次に気になるは、アフィリエイトは続けられるのかということ。やっぱり何事も楽しくなくては続けられないので、「アフィリエイトは楽しいのか」ということも気になりますよね。

これは、人によって答えは様々だと思いますが、私の場合「楽しくもあり、苦しくもあり」だと思っています。

私がアフィリエイトで一番楽しいときは、どんなサイトを作ろうかアイデアをねっているときですね。自分で何かを作りだす作業はホントに楽しいものです。

アクセスが出はじめたときや、ブログを読んでくれた人がコメントくれたとき、商品レビューの依頼が来たとき、収入になったときなどは楽しくて仕方ありません! まさに、アフィリエイトの醍醐味と言えると思います。お金もそうですが、それ以外の出来事一つ一つが大きなモチベーションとなるんです。

私はサラリーマン時代のときには味わえなかったことです。

アフィリエイトで楽しいと思ったこと
  • サイトのアイデアを考えているとき
  • アクセスが出始めたとき
  • コメントや問い合わせをいただいたとき
  • 商品レビューの依頼をいただいたとき
  • 収入になったとき

逆にアフィリエイトで苦しいことは、なかなか結果が出ないこと。アフィリエイトは時間給や月給とは違うので、思うような結果になるまでは、かなりの時間が必要です。毎日記事を書き続けても3ヶ月間はアクセスすらないので、当然収入なんてありません。「アクセスもない収入もない」という状況の中で、ひたすら記事を書き続けるのです。

この3ヶ月間は、料理で言うならば「仕込み」に似ていると思います。

材料を仕込んで、調理して、お皿に持って、テーブルに料理を並べ、お客さんに料理を食べてもらう。そこまでいって初めてお金がもらえるのと同じです。アフィリエイトの場合、この仕込みの期間はホントに辛いものがあります。誰も読まない記事を必死に書き続けるのです。

アフィリエイトで辛いと思ったこと
  • 読まれない記事を3ヶ月ひたすら書き続けること
  • アクセスが出るまで希望が見えないこと
  • 収入になるまで期間が長いこと

こんな人は会社で働くことをおすすめします

それダメ ビジネスマン

もし、この時点で「やっぱりアフィリエイトはやめておこうかな〜?」って考えているのであれば、会社で働き続けることをおすすめします。なぜなら、そう考えている程度の「やる気」では絶対にアフィリエイトは続かないからです。続かないということは結果に繋がりません。

「人に指示される事をやるだけがいい」「何も考えずに楽な仕事がしたい」という人は絶対にアフィリエイトはやらない方がいいと思います。そういう人は会社で働く方がきっと幸せになれます。できれば会社で働いてください。

会社を辞めて後悔はしなかった

今もし「会社を辞めて後悔しなかったのか?」ということ聞かれたら、ハッキリとこう答えます!

「全然後悔はしていません!アフィリエイトを初めてよかった!」

自分で決め手行動したこと、これからも自分で決めて行動できることが何よりも嬉しい。会社で働いているときよりも収入は少し減りましたが、それでも自分で稼ぐことができるのはホントに楽しいものです。

「え!? 仕事って楽しいやん!」

心の底からそう思えるようになったんです! 会社にいた頃は、月曜の朝が憂鬱でたまらなかったのが、今は全く逆で、毎週月曜が楽しくで仕方がなくなりました。

「今週は何をどれだけやろうか?」「来週までアレを試してみたい!」そんなことを考えると週の初めがワクワクしてくるんですね。いやぁビジネスって楽しい!

まとめ

なんか、もうちょっとサクッとこの記事を書いてみようと思ってたのですが、気がついたら長文になってしまいました。

この記事を読んで「やる気になった!」という人がいたら、是非もう一言お伝えしたいことがあります。

人間死ぬ気でられば何でもできる! 頑張ればいつかきっと楽しい日が待っています。楽しい明日を信じてがんばりましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事