注目記事
スポンサーリンク

せっかくGoProを購入したけど、「いまいち使い方が分からない!」「もっと使いこなしたい!」と思ったことはないでしょうか?

公式サイトを見ても詳しく解説されていませんし、他のブログやYouTubeで調べてみても、知りたいことが掲載されていないことも。

これからGoProを使い始めたいけど、ひとまず「基本的な使い方や設定が知りたい!」という方は、参考にしてみてくださいね。

GoPro HERO 7を買ったけど使い方が分からない!

GoPro HERO 7 使い方が分からない

自身も「GoPro HERO 7」を購入しましたが、パッケージを開けてみると、詳しい使い方を解説した説明書がないことにびっくりしました。

公式サイトでPDFのマニュアルがあるものの、実際のところ画質とかフレームレートとか結局どんな設定がいいのかがよく分かりません。(実はここが一番知りたいころ)

もともと一般的なデジカメの使い方はだいたい分かる方なので、「適当に使ってみれば分かるかな〜」なんて思ってましたが、今までとは全く違うカメラだったので、結局基本的な使い方すらよく分からないまま手探りで適当に使っていました。

結局GoProの使い方は参考書が必要だった

GoPro HERO 7 100%活用ガイド

ネットでGoProの使い方を調べてはみたものの、自身の知りたいGoProの初歩的な使い方を教えてくれるサイトが見当たらず。

これ以上検索して、GoProの使い方を調べる時間がもったいと思っていた矢先、書店で偶然目にした「GoPro100%活用ガイド」という本が、かなり分かりやすかったので紹介しておきます。

GoProの知りたいこと

GoPro HERO 7 100%活用ガイド 目次

GoProの使い方で、自身が知りたかったことは以下のような内容ですが、「GoPro100%活用ガイド」を読むことで、概ねこれらの内容を知ることができました。

GoProの知りたいこと
    • 基本的な使い方は?
    • 適切な画像設定は?
    • 必要なアクセサリーは?
    • 撮影のコツは?
    • どんな機能があるの?

基本的な使い方は?

自身の場合、一番知りたかったのが基本的な使い方。

画面の操作方法だけでなく、本体各部の名称や、電源のオンオフやマイクロSDカードの入れ方といった、超初歩的なことも詳しく写真付きで解説さています。

撮影の適切な設定は?

いざ、GoProで撮影しようと思っても、初期設定のままでは思ったような撮影ができないことも。

GoProに搭載されている、「ビデオモード」「写真モード」「タイムラプスモード」といった、それぞれの撮影モードの説明だけでなく、撮影シーンに合わせた動画の解像度やフレームレートの設定についても解説されています。

必要なアクセサリーは?

基本的に必要なアクセサリー品だけでなく、撮影するシーンによって必要になるアクセサリー品も違ってきます。

サーフィン、スキー、スノーボード、アクアダイビング、自転車、バイク、旅行といった撮影にどんなアクセサリー品が必要かが分かるようになっています。

撮影のコツは?

せっかくGoProを使うのなら、迫力ある映像を撮影したいもの。

「どんな方法で撮影すれば臨場感や迫力が演出できるか」といった撮影のコツも、写真や図を使って解説しています。

これについても、サーフィン、スキー、スノーボード、アクアダイビング、自転車、バイク、旅行といったシーンに合わせた撮影のコツが紹介されてるので、自分が撮りたい映像で必要なアクセサリー品がどんなものかが分かります。

どんな機能があるの?

GoProは素早くSNSなどに投稿できる機能があったり、専用のパソコン動画編集ソフトで動画を編集することも可能。

臨場感ある映像を演出する編集のコツについても解説されています。GoProで撮影した動画や写真を高いクオリティでガンガン投稿したい方は参考になるかと。

解説者はプロやマニア

GoProの使い方を解説しているのは、撮影のプロやマニアの方たち。なんとなく「GoPro撮影のプロやマニアが言ってるんだから間違いないでしょ」という意識も働き、内容の信ぴょう性が高いのがいいですね。

やはり、「その道のプロ」の説明は大変参考になります。

まとめ

GoProを購入してからというもの、いまいち使い方が分からず、せっかく買ったのに活用しきれていませんでしたが、これで概ねGoProに関する疑問点は解決することができました。

あとは、「習うより慣れろ」といったところでしょうか。また使っているうちに、いろんな問題点やアイデアが出てくるのではないかと思います。

「とにかくGoProの使い方を手っ取り早く知りたい」という方は一見の価値ありの書籍です。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事