仕方なくmacOS BigSurにアップグレードしましたが正解でした!

OSのアップグレードはあまり気が進まないんですが、今回は仕方なく「macOS BigSur」にアップグレードすることにしました。

MacのOSをBigSurにアップグレードにするかどうか悩んでいる方の参考になってくれれば嬉しいです。

macOS BigSurにアップグレードする理由

OSのアップグレードはいつも慎重派な方なので、基本的に余程の理由がない限りOSのアップグレードはしないんですが、ひょんなことから数年ぶりにMACのOSをアップグレードすることにしました。

macOS BigSurにアップグレードした理由は以下の通り。

    • MojaveもCatalinaも不具合が多かった
    • GoodNotes 5のMAC版が使いたかった

 

MojaveもCatalinaも不具合が多かった

自身がこれまで使っていたmacOS MojaveはとにかくOSの起動が遅いというのが気になっていました。

Mojaveにアップグレードする前までは超快適だったんですけど、起動速度が改善されてるんじゃないかという期待を込めて、一旦はCatalinaの最終版にアップグレードしてみました。

期待どおりCatalinaにアップグレードした時点で起動が早くなったものの、今度はWi-fiに自動で接続してくれないという現象がみられました。

Wi-fiに自動接続しないという現象を解決するアップデートも試してみましたが解消されません。ネットワーク関連の設定を一旦解除してみたり、PRAMクリアをしてみたりしても無駄無駄でした。

これはちょっと致命的なのでいっそのことBigSurにしてみようかということに。

 

GoodNotes 5のMAC版が使いたかった

これはちょっとレアな理由かと思いますが、Mac版のGoodNotesが使いたかったんです。

普段はiPadとApple Pencilを使ってGoodNotes上でPDFファイルに手書きで書き込んだりしていて、これはこれで便利なんですが、メールやチャットで届いたPDFファルをMacで受け取った場合、PDFファイルを一旦MacからiPadに移動させる行程が必要でした。

この行程が面倒だったので、Mac版のGoodsNotes 5を液タブで使いたかったんですが、残念ながらMac版のGoodNotesはmacOS 10.15以降でないと対応していないとのこと。

仕方ないのでOSをアップグレードすることに・・・。

無事にmacOS BigSurにアップグレード完了

1時間くらいだったか、多少時間はかかったものの無事にアップグレードは完了!

とりあえず起動時間はかなり早くなりました! Mojaveのときのように起動が遅いとか、CatalinaみたいにWi-Fiが自動接続しないといったこともなく全く問題なかったです。

いや〜これでホッと一息といった感じです。

 

macOS BigSurはセキュリティ関連が強化されているようで、バージョンアップすると最初にアクセシビリティの許可が必要なソフトがあります。面倒くさいですけどサクッと設定。

 

なんだかよくは分かりませんが、ダイアログ指示どおりに【システム環境設定】→【セキュリティとプライバシー】と進み、【プライバシー】タブを選んで【アクセシビリティ】で指示のあったソフトのチェックをすればオッケーです。

 

macOS BigSurにアップグレードした感想

動作速度が早いような気がする

macOS BigSurにアップグレードしてみて思ったことは、アイコンが少し可愛くなったという感じがするくらいで、特別変わった感じはありません。

しかし、なんだか全体的に以前よりも少しサクサク動く感じがします。これは素直に喜んどきます。

Mac版GoodNotesが使えるようになった

macOS BigSurにアップグレードしたことで、無事にMac版GoodNotesも使えるようにもなりました。

Macに接続した液タブでGoodNotesが操作できるようになったので、PDFファイルをiPadへ移動させる必要がなくなってちょっとだけ便利になりましたよ! これも嬉しい!

おわりに

MojaveもCatalinaも動作が遅いとか不具合がちょこちょこあって面倒くさいOSでしたが、BigSurにしたことで一通りの問題は解決できました。

まだ1日使ってみただけですが、これまでの操作から大幅に変わったといった感じはありませんし、OSの操作で困ったこともありません。ひとまずmacOS BigSurにして正解でした!

あとはこれまで使ってきた各種ソフトが問題なく動作するか、しばらく様子をみようと思います。

あくまで自身の環境では大きな問題はなかっただけなので、必ずTime Machineなどで現行のOSをバックアップしてからアップグレードするようにしましょう!

読者の皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングに投票していただくか、SNSで共有してくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. ニャン太郎 より:

    はじめましてニャン太郎と申します
    imacを新規購入したいと考えて、ネットでいろいろ検索してこちらに辿り着きました
    いまアップルストアでimac27(Intel)のOSは、Big Sur・・
    調べるとAdobeとBig Surの相性が悪いみたいで、対処法の情報がほとんどありません
    もし、同じAdobeアプリをご使用でしたら、Adobeの状態がどうなのか
    お聞きしたく、メールさせていただきました
    お手すきの時にお返事いただけると助かります
    よろしくお願いいたします

    ※主にAdobeCCのイラレ、フォトショ、インデ、アクロバットです

    • ニャン太郎様
      コメントありがとうございます!

      mac pro(intel)でイラレ、フォトショ、インデ使っていますが、今のところ大きな問題はありません。

      ただし、最近はDTPの作業はほとんどやっていないので、イラレは複雑な文字組みは行っていません。
      あと、インデは少しテストした程度です。

      全ての機能を使ってみたわけではないので何とも言えませんが、
      何か問題があった場合はAdobeのアップデートで解決することがよくあります。

      特に新しいOSがリリースされた場合は、頻繁にアップデートが公開されてるので、
      何かあったとしても、いずれ解決されるかと思います。

      そもそもAdobe製品がMACで使えなかったら大問題なので、
      早急にアップデート版が配布されるはずです。

      ずっと相性が悪いまま・・・ということはないと思います。

      どちらかというと、周辺機器のドライバの対応が遅かったりするので
      プリンタやスキャナ、他社製のキーボードやマウスをBigSurに合わせるのに苦労しました(笑)

      こんな回答しかできませんが、参考になったでしょうか?

      不明点ありましたら、また遠慮なくメッセージくださいね。

      • ニャン太郎 より:

        トモカワ 様
        早速のお返事ありがとうございます!
        イラレ、フォトショ、インデは、大丈夫そうですね
        あと、イラレからPDF、インデザインからPDFにした時に
        特定の文字が埋め込めない事例があるみたいなのですが
        いかがですか?

        • ニャン太郎様

          一応PDFの書き出しテストしてみました。(イラレ、インデ共に最新版)

          【特定の文字】というのが入っていたかどうかが分からないので何とも言えませんが
          テストしたデータでは、Adobe書体、モリサワ書体、特殊な英文書体が混在していて
          記号は「」、()、/などを多用していましたが
          こちらのイラレはで特に問題ありませんでした。

          問題はインデザインの方で、予期せぬエラーでPDFへの書き出しができませんでした。
          ちなみにインデザインはバージョンを2020までダウングレードしてテストしましたがダメでした。

          この問題についてはAdobeのインデザインのフォーラムで
          「macOS 11.3以降から一部書体利用時にPDF保存が実施できない問題について」
          という内容で案内されていて、現在問題の解決に向けて対応中だそうです。

          インデザインはアップデートが配布されるまで、しばらく様子見がいいかと思います。

          • ニャン太郎 より:

            トモカワ 様
            お返事ありがとうございます!
            そしていろいろ試していただき感謝しております。
            PDFエラー困りますね。
            Adobeさん早くアップデートして欲しいです。
            おっしゃる通り、様子見します。
            ありがとうございました!

コメントを残す

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう