注目記事
スポンサーリンク

オリジナルグッズを自分で作成しようと思い立ったら、まずはどんな道具が必要なのか気になるところ。

今回は、自分で絵を描いてデザイン化してグッズにするまでに必要なものを紹介したいと思います。

これからオリジナルグッズを作ろうと考えている方は、是非参考にしてみてくださいね。

オリジナルグッズ作成に必要な道具は?

オリジナルグッズを作成する道具

オリジナルグッズを作成する際に必要になる道具を考えると様々なものがあり、どれを選べばいいか分からないかも知れません。

パソコンやタブレットでデザイン画を描くデジタル機器を使った方法と、紙にペンや筆でデザイン画を描アナログな方法があり、それぞれに使う道具が少し違ってきます。

何を使ってデザイン画を作成すればスムーズに作業ができるかは、元々手描きが得意な人と、パソコンのお絵描きソフトが得意な人かによって少し違ってきますが、概ね揃える道具に違いはないかと。

まずは最低限揃えておきたい道具は以下の通りです。

オリジナルグッズ作成に必要な道具
  • パソコン
  • スキャナー(紙に描く場合)
  • 紙と鉛筆(紙に描く場合)
  • iPadとApple Pencil(ペンタブレットなど)

パソコン

MacBookでオリジナルグッズ作成

パソコンを使えばデザイン画を描いたり、グッズ作成サイトにデザイン画を登録したりできます。パソコンは必須と言えるので必ず用意しましょう。

また、デザイン画の作成は扱うファイルが画像がメインになるので、文書作成をメインとしたビジネス向けのPCでは動きが鈍く作業がはかどりません。

そこそこ処理速度の早い高スペックのPCが必要になるので、予算が許すならばグラフィックカードやメモリの容量をできるだけ増やしておきましょう。

MacかWindowsで悩んでいる方は下記の記事も参考にしてみてください。

スキャナー(紙に描く場合)

「iPadやペンタブレットはどうも馴染めない。やっぱり紙で描く方がいい。」という方はスキャナーが必要になります。

グッズ作成サイトにデザイン画を登録するには、紙に描いたデザイン画をデジタルデータに変換する必要があるので、スキャナーを使ってパソコンに取り込みましょう。

紙と鉛筆(紙に描く場合)

紙と鉛筆で下描きして、描いたデザイン画をスキャナーでパソコンに取り込めば、後からパソコンで綺麗に仕上げていくことができます。

これだけデジタル機器が発達した時代でも、紙と鉛筆は最も直感的に絵が描けるツールですね。

iPadとApple Pencil(ペンタブレットなど)

iPadとApple Pencil

iPadとApple Pencilがなくてもデザイン画の作成はできますが、コレがあるとかなり作業がはかどります。実際のペンや筆で描くのとは少し感覚が違いますが、十分実践に使えるレベルです。

ペンタブレットといった選択肢もありますが、実際の描き味に近いものを求めると、どうしてもプロ向けの高価なものになってくることも。

iPadは接続ケーブルも不要でペンタブレット化できるだけでなく、持ち運びにも便利。アイデアが浮かんだらいつでも作業に移れるのはかなりのメリットです。

iPadとApple Pencilはデザイン画作成の最強ツール!

手描きが得意な人もそうでない人もiPadとApple Pencilの組み合わせはホントにおすすめ!

自身の場合は、iPadとApple Pencilで下書きから線画までを行い、パソコンで配色と細部の微調整とデザイン画の登録までを行っています。

元々は鉛筆で下描きしていましたが、消しゴムで消す作業に時間を取られることにストレスを感じていました。

しかし、iPadとApple Pencilがあれば手で描いて書き直しや消すのも簡単。下書きからフィニッシュまでデジタルデータなので作業効率が抜群にいいです。

手描きは難しい修正でもデジタルデータなら簡単ですし、配色や色調整もいろいろ試せるといったメリットがあります。

ただし、デジタルの場合はいくらでも修正できるので、悩みすぎて作業が一向に進まないといったことにならないよう注意です。

まとめ

今回はオリジナルグッズを作成するための、デザイン画を作成する道具について紹介しました。

デザイン画を作成する道具は、ある意味なんでもいいと言えますが、オリジナルグッズを作って販売までしようと思うと、そこそこの数をアップしていく必要があります。

一つひとつの作品にあまり時間をかけずに、たくさんアップして、オリジナルグッズの数を増やしていくことで、魅力的なオリジナルグッズのショップに成長します。

デジタルツールを上手に活用して、オリジナルグッズの種類をどんどん増やしていきましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事