注目記事
スポンサーリンク

Adobe Premiere Proを使って、オリジナルイラストで人物の顔を隠す方法を解説します。

また、Premiere Proの基本的な使い方だけ知りたいという方は『ココだけ覚えれば初心者でもできる!Premiere Proの使い方』をご覧ください。

Premiere Proで顔をイラストで隠して追従させる方法

動画で人物の顔を隠す、モザイクやぼかしの応用になりますが「Adobe Premiere Pro」を使えば、動画に映った人物の顔を、好きなイラストで隠して追従させることができます。

Premiere Proで顔に追従するモザイクをかける方法

動画のタイムラインで、イラスト表示を開始する位置と終了する位置を決め、先に動画を分割しておきます。

例の場合、顔がこっちを向いている間だけイラストを表示させたいので、振り向く直前で動画を分割【command+K】します。

 

オリジナルで作ったイラストをPNG形式に書き出します。書き出したPNGファイルをPremiere Proの操作画面のタイムラインにドラッグします。

Adobe Illustratorの連携がいい!
同じAdobeのIllustratorで作ったイラストなら、【ai形式】のファイルのまま挿入することが可能。同じアドビの製品なら連携作業も効率的です。

イラストを挿入したら、動画のプレビュー画面に表示されるので、マウスで隠したい顔の位置に移動して、大きさも合わせます。

同時にイラストを表示させる時間を、タイムラインでドラッグ操作して調整していきます。

 

操作画面の左上、【エフェクトコントロール】を表示させると、【fx モーション】という項目があるので、小さい矢印をクリックしプルダウン表示させます。

【位置】の左側にあるストップウォッチのマークをクリックします。

 

ストップウォッチのマークが青くなったら、イラストをアニメーションのように動かすことができるようになります。

 

ここからは動画を進めながら、イラストを追従させていきます。

コマ送りで動画を進めていき、イラストがズレたら位置と大きさを調整します。

そして、またコマ送りで動画を進めて、ズレたら位置調整といった感じで作業を進めていきます。

【コマ送り】→【位置調整】→【コマ送り】→【位置調整】という作業を最後までくり返せばオッケーです。

 

作業が終わったら、動画を再生。思った通りにイラストが追従しているか確認しましょう。

おかしなところがあれば、タイムラインで戻って、イラストの位置を調整します。

皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングへ応援お願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事