注目記事
スポンサーリンク

Adobe Premiere Proで音楽をフェードイン・フェードアウトする方法を解説します。

動画でBGMを使う場合、必須とも言えるテクニックですが、誰にでも簡単にできる方法なので、是非チャレンジしてみてくださいね。

また、Premiere Proの基本的な使い方だけ知りたいという方は『ココだけ覚えれば初心者でもできる!Premiere Proの使い方』をご覧ください。

音楽をフェードイン・フェードアウト

音楽をフェードイン・フェードアウトするには、2つの方法がありますが、まずは簡単な「指数フェード」というエフェクトを利用した方法から解説していきます。

簡単に音楽をフェードイン・フェードアウトする方法

操作パネルから【エフェクト】をクリックして、エフェクトパネルを表示させます。

【オーディオトランジッション】→【クロスフェード】→【指数フェード】を選び、そのままオーディオクリップのフェードインさせたい位置に重ねるようにドラッグします。

 

あとは指数フェードの終了位置にマウスポインタを合わせて左右にドラッグ。これでフェードインの時間の長さを調節することができます。

好みの長さに調整すればフェードインの完了です。

 

フェードアウトも同じ方法で作業します。

【指数フェード】をフェードアウトしたい位置のオーディオクリップに重ねるようにドラッグすればオッケー。

こちらも同じようにフェードアウトする時間の長さを調整すれば完了です。

 

自由に音楽をフェードイン・フェードアウトする方法

次はペンツールを使ってポイントを設定し、音量を上げたり下げたりする方法を解説します。

少し面倒な方法ですが、複雑な音声コントールが可能。

音楽の途中で一旦フェードアウトし、またフェードインして音量を戻すといった場合に有効な方法です。

 

ツールパネルから【ペンツール】を選びます。

 

フェードインさせたいオーディオのタイムラインで2箇所連続でクリックして、音量を操作したい位置にポイントを追加します。

A = フェードイン開始位置(最も音が小さい)

B =フェードイン終了位置(最も音が大きい)

 

【B】のフェードイン終了位置を左右に動かして、好みの長さに調節すればフェードインは完了です。

 

フェードアウトも操作方法は全く同じ。フェードアウトしたいポイントを追加して位置を調整すればオッケーです。

 

ポイントはいくつでも追加や削除【Deleteキー】が可能。

上下左右に位置も自由に動かせるので、このように一時的に音量を下げることもできます。

この方法を知っていれば、音量を自由にコントロールすることができます。

基本は「指数フェード」がおすすめ!

動画編集は作業にかかる時間が膨大になるので、少しでも作業を効率的に進めたいですよね。

1つの動画を納得いくまで詰めていくことも必要かも知れませんが、YouTubeやSNSでたくさん動画をアップしたいなら「指数フェード」を使ったフェードイン・フェードアウトで十分だと考えています。

基本は音楽を一発でフェードイン・フェードアウトができる指数フェードを利用して、こだわりたい部分はポイントを使う感じがおすすめです。

これで音楽をフェードイン・フェードアウトさせる方法の説明は終わりです。お疲れ様でした。

皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングへ応援お願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事