注目記事
スマホケースを開封! 印刷の仕上がりは? 3

以前、スマホケース用にカクレクマノミを柄っぽく描いたのですが、「Canvath」で注文してみたので、どんな仕上がりだったかを報告したいと思います。

そして今回デザインしたスマホケースはコレ↓↓↓

カクレクマノミの柄を実際にデザインした手順は『【スマホケースデザイン】モノトーンのクマノミ柄を描いてみた!』をご覧ください。

Canvathに注文してからスマホケースが自宅に届くまで

出来上がったデザインの画像をCanvathのサイトにアップしてから注文。

その後おおよそ2週間後にネコポスで自宅に到着しました。

結構大きい箱だったので、我が家のポストには入らなかったようで・・・ヤマト運輸の宅配員の方が優しく手渡ししてくれました。(コロナで大変なときに感謝いたします)

ちなみにポストが大きければ、自宅にいなくてもいいので留守にしててもオッケーです。

 

超簡単な梱包ですが、Canvathで梱包ナシを選択したのでこの状態。

自分で購入する分には全然問題なしですね。当然梱包ナシの方が値段も安くなりますしね(笑)

ただし、誰かにプレゼントするなら梱包アリを選んだ方がよいかも知れません。

 

スマホケースを開封! 印刷の仕上がりは?

今回のデザインは男っぽくカッコいい感じにしたかったので白黒で制作。

個人的には光沢なしのマットな質感が好きなので、注文する際に「光沢なし」を選びました。

 

なかなかいい感じのマット感です。

 

素材はポリカーボネートで薄くて軽いのが特徴。

以前まで使っていたスマホケースは耐衝撃だったので、重たくて分厚かったのですが、このスマホケースは超軽いです。

BASEで販売もできる!

Canvathで作ったデザイングッズはBASEで販売することもできるので、自分が作ったデザインに自信のある人は、販売してお小遣い稼ぎもできるかも。

デザインは好みがあるのでどうかは分かりませんが、自分的にはなかなかカッコいい仕上がりになったんじゃないかと思っています(笑)

海水魚をモチーフにしたデザイングッズは水族館などでもよく販売されてるんですが、どうしても子供っぽいものが多いので、大人が欲しいと思えるものがないんですよね。

「それなら自分でデザインして作ってしまえ」というのが今回の趣旨!

一瞬「何の柄かな?」と思わせておいて、「よく見たらカクレクマノミやん!」て思ってもらえたらいいかなぁというのが、このデザインの狙いです(笑)

【カクレクマノミ柄のスマホケース(ブラック+グレー)マットタイプ】が気に入ってもらえた方は海にまつわるデザイングッズ【UMIYA(ウミヤ)】を是非見ていってくださいね!

読者の皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングに投票していただくか、SNSで共有してくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事