パソコン不要の液タブ選び!知っておきたいOS搭載型とスマホ接続型

デジタルでイラストを描くときには液晶ペンタブレット(通称:液タブ)があると便利ですが、パソコンに接続しなくてもいい液タブがあれば、場所を選ばすイラスト作成に没頭することができます。

今回は、パソコンに接続しなくてもイラストが描ける液晶ペンタブレットの選び方についてまとめたので、パソコン不要の液タブを探している方は参考にしてみてくださいね。

デジタルイラスト初心者におすすめのペンタブは『デジタルイラスト初心者におすすめのペンタブレット! 』で紹介しています。

パソコン不要の液タブの選び方

パソコンがなくてもデジ絵が描ける液晶ペンタブレットは、「パソコン不要の液タブ」だけで探すと、値段が高い機種しか選択肢が少ないので、別の視点で目的の機種を探すことも必要。

「いちいちパソコンを起動しなくても、思い立ったときにイラストを描ける」とか「パソコンで場所を取られるのが嫌」というのが、購入を考える最大の理由かと思います。

つまり、この2つの悩みを解決できればいいので、「パソコン不要の液タブ」だけでなく、「スマホで使える液タブ」「液タブ不要のパソコン」も一緒に探すと、選択肢が増えて安く手に入れることも可能。

それぞれに特徴がありますが、本体にOSを搭載しているかどうかで値段に大きな違いがあります。

OS搭載と非搭載の違いについては後ほど詳しく解説します。

もうひとつ液タブ選びの大事な要素として、画面のサイズ選びがあります。

液タブの画面が小さいと、拡大縮小表示のアクションが増えるだけでなく、使用するソフトの操作パレットが邪魔になって描くスペースが狭くなるので、サイズは大きい方がイラストが描きやすくなります。

ただし、画面サイズが大きいと持ち運びが大変ですし、使わないときは邪魔になってしまいます。また、画面が大きい分だけバッテリーの消耗も激しくなります。

広いスペースが確保できて、作業場所を変えないのならサイズは大きめ、作業場所をちょこちょこ変えたいならサイズは小さめを選ぶのがおすすめです。

パソコン不要の液タブを探す場合、下記の2点で値段が大きく違ってきます。

液晶ペンタブレットを選ぶポイント
    • OSを搭載しているかどうか
    • 画面サイズは適切か

「OS搭載型」と「OS非搭載型(スマホ接続型)」の違い

先の説明で、OSを搭載しているかどうかで値段に違いがあることをお伝えしましたが、OS搭載と非搭載の違いを解説します。

OSを搭載しているタイプは、液タブそのものにOSがインストールされているので、まさに液タブ単体で絵を描くことができるというものです。

「液タブ」という名前で販売されていますが、実際にはパソコンと同じです。それはつまり、「デジタルペンが使えるパソコン」もパソコン不要の液タブと考えることもできるというわけです。

対して、OSを搭載していない液タブは、タッチパネルのディスプレイだけを購入するようなもの。OSを搭載していないため、本体にお絵描きソフトをインストールすることができません。

使用するにはパソコンやスマホなどの端末に接続しなければなりませんが、価格が安いというメリットがあります。

ここではパソコン不要の液タブとして、スマホに接続できる液タブをOS非搭載の「スマホ接続型」として解説していきます。

OS搭載型とスマホ接続型の特徴は以下の通りです。

OS搭載型の特徴
    • 液タブ単体で絵を描くことができる
    • OSを搭載しているため価格が高い
スマホ接続型の特徴
    • 絵を描くにはスマートフォンやパソコンに接続する必要がある
    • OSを搭載していないので価格が安い

OS搭載型

液晶タブレットに搭載されているOSはマイクロソフトの「Windows」か、Appleの「iOS」、Googleの「Android」のどれかになりますが、「利用したいイラスト作成ソフトがどのOSで使用できるのか」を事前に確認しておくといいです。

もしも利用したいお絵描きソフトが先に決まっているのなら、購入する前に「搭載されているOSはどれか」を確認しておきましょう。

OSを搭載した液晶ペンタブレット

ワコムの「Wacom MobileStudio Pro」は、液晶タブレット単体で使えるものとしては、スペックも値段も液タブの最高峰と言ってもいいかも知れません。

ワコムストアなら液タブ本体の他、「CLIP STUDIO PAINT」といったイラスト作成ソフトなどイラストを描くために必要なものが一式揃ったワコム限定セットが販売されています。

液晶ペンタブレットとして使えるPC

タッチパネル式のパソコンで絵を描く際には、筆圧によってはディスプレイがグラついてしまって描きにくくなてしまいますが、Lenovoの「ThinkPad X12 Detachable」のディスプレイは脱着できるので、タブレットのようにディスプレイをデスクの上に置いて絵を描くことができます。

※購入の際にはメモリを16GBにしておくことを強くおすすめします。

液タブとしても使えるタブレット

Appleのタブレットと言えばiPad。

Windows用のイラスト作成ソフトは使用できませんが、有料無料含めてiOS用のお絵描きアプリがたくさんあるのは大きなメリットです。

iPad Proなら動作スピードも申し分ありません。グラフィックの扱いやすさに定評のあるApple製品ならではといった感じでしょうか。

iPad Proは12.9インチと11インチの2種類が販売されています。

Apple Pencilが第2世代になってからは、iPadでもペンで絵を描くことができるようになりました。

iPad proよりもスペックが低めなのと、画面サイズが10.2インチとやや小さめになっているので、どちらかというと簡単なイラストを手軽に描きたい人向けになるかと思います。

Androidを搭載したタブレットで絵を描くなら「Lenovo Tab P11 Pro」があります。BambooPaperやSquidアプリが最初からインストールされていますが、アイビスペイントなどのAndroidのお絵描きアプリが利用できます。

OS搭載型 製品一覧

搭載OS主な製品
Windows
Android
iOS

スマホ接続型

OS搭載型の液晶タブレットはどうしても値段が高めになってしまいますが、スマホに接続するタイプの液タブであれば、もう少し安価に手に入れることができます。

単体で使うことはできないのが残念ですが、スマホさえあればパソコンのように起動するまで長い時間待たなくてもいいので、素早くイラストを描き始めることができますし、パソコンを別途購入しなくてもいいのが大きなメリットです。

ただし、現在のところAndroid端末に接続する製品のみで、iPhoneに対応した製品は確認してできていません。(※2021年8月時点)

サポートと実績なら国内製品

「Wacom One」は、画面サイズが13.3インチの中型サイズでありながら、4万円代から購入できるので、「デジタルで絵を描くのは初めて」という人にとってはかなり現実的な値段になっています。

国内のブランドであり、長年ペンタブレットを販売している実績もあるのでサポート面でも安心です。

価格重視なら海外製品

大きい画面の液タブは値段が高いのがネックになりますが、そんな場合は海外製品も選択肢に入れるといいでししょう。

海外製品なら比較的安い価格で大画面の液タブを手に入れることができます。

また、HUION Kamvasシリーズなら様々なサイズが販売されているので、お気に入りのサイズが見つかるでしょう。

スマホ接続型 製品一覧

対応するパソコンのOS接続できるスマホ主な製品
Windows/Mac OS※Android端末のみ

おわりに

パソコン不要の液晶タブレットを探すと、値段や性能だけけで選んでしまいがちですが、実際に利用するお絵描きソフトが使いやすいかどうかも重要です。

Windows、iOS、Android、それぞれのOSで使えるソフトやアプリも違ってくるので、イラスト作成ソフトがまだ決まっていないという場合は、どのソフトを使うのかも一緒に選ぶのがおすすめです。

イラスト作成ソフトについて詳しく知りたい方は『【デジタルイラストに必要なもの】おすすめのお絵描きソフトは?』をご覧ください。

その他関連記事は下記を参照ください。

読者の皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングに投票していただくか、SNSで共有してくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう