注目記事
スポンサーリンク

今日はどうしても「ミノカサゴ」という魚を描きたくなったので、iPhoneケース用のデザイン画として、水彩画で描くことにしました。

ミノカサゴってどんな魚?

ミノカサゴは観賞魚として人気が高い海水魚ですが、色が鮮やかだけでなく、たくさんのヒレがゆらめく姿が魅力的な魚ですね。

水族館に行ったら、必ず立ち止まって思わす見とれてしまうので、個人的に大好きな魚です。

iPadとApple Pencilで「ミノカサゴ」を水彩画で描く

鉛筆で下描き

まずは下絵から描いていきますが、ミノカサゴの特徴である大きくて長いヒレを描いていくと、「あれっ!画面からはみ出してしまうっ!」ということに。

迫力のある絵を描こうとするとよくあることなのですが、「AdobeFresco」ならこんな場合は下絵を縮小したり移動したりできます。

 

使用している「AdobeFresco」の場合、【十字形のアイコン】の部分をタッチすればオッケー。

 

こんな感じで描いた絵の大きさを変えたり、移動したりできるので便利です。

こういったところはデジタルアートならではのメリットですね。

水彩で着色

薄い色から少しずつ全体を着色していきます。

 

段階的に濃い色を重ねて塗り足していきます。

 

背景も入れて、「これで完成」と言いたいところですが、どうも色の具合がどんよりとした濁った感じになってしまいました。

もうちょっと色を鮮やかにしてキレイな感じに仕上げていきます。

このままFrescoで色を変更するのは、かなり大変な作業になるので、ここからの作業はPhotoshopへ移行します。

 

FrescoからPhotoshopへの移行は「AirDrop」での書き出しが便利。

 

Mac側の「ダウンロード」フォルダにFrescoで描いた絵がコピーされます。

Photoshopで色彩調整

iPadで描いたイラストを、Mac側のPhotoshopで開いてトーンカーブを少し変更しました。

彩度や明るさを調整しますが、トーンカーブが苦手な人は他の方法で色調整してもオッケーです。

「色相・彩度」「明るさ」「コントラスト」あたりを適当に変更して、イメージした色になるように調整。

この投稿をInstagramで見る

 

トモカワ ヒロサキ(@happy_tomorrow55)がシェアした投稿 -

こちらが色調整したイラストです。

だいぶ鮮やかでスッキリとしたイメージになったかと思います。

iPadでは白い線を描いていましたが、photoshopの仕上げ段階では削除することにしました。

 

おわりに

今回は、初めての水彩画タッチで絵を描いたので上手くできるか、やや不安はありましたが、思った以上に上手くいきました。

もともと水彩画は得意ではないのですが、「iPad」と「Apple Pencil」、そして「AdobeFresco」にだいぶ助けられた感じです(笑)

デジタルアートの利点は、失敗してもやり直しが効くということ。手軽にいろんなタッチのイラストが描けるので、少しでも絵心があるならデジタルアートに挑戦してみてはどうでしょうか?

皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングへ応援お願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事