こんな人は投資はやめとけ!考え直した方がいい人の5つの特徴

「投資はやめとけ!」とか「投資した方がいい!」という情報がたくさん飛び交っていますが、実際どっちがいいの?と不思議に思う人は多いんじゃないかと。

基本的に「投資はした方がいい」というのが自身の見解ですが、注意しておきたいのは、投資した方がいい人と、そうでない人がいるということです。

今回は、「投資はやめとけ!」と声を大にして言いたい人の特徴を5つ紹介したいと思います。この特徴に1つでも当てはまらるなら、一旦考え直してみることをおすすめします。

この記事は投資に関する内容になっています。下記の【ご注意】について同意していただいた方のみ、このまま読み進めてください。

ご注意
※この記事では投資について独自の見解を記載しています。投資の運用方法を示唆したり、運用結果を保証するものではありません。投資先や投資の方法についてはあくまで自己責任でお願い致します。

「投資はやめとけ!」と言いたい人の5つの特徴

それでは、「投資はやめとけ!」と言いたい人の5つの特徴を、具体的に解説したいと思います。

自分がこれらの対象に当てはまっているかどうか、一つ一つよく確認してみてください。

もちろん自分の胸に手をあてて目を閉じてくださいね(笑)

  1. 一攫千金を狙いたい
  2. 10年先の100万円より目の前にある10万円が欲しい
  3. 働かずに投資だけで生きたいと思っている
  4. 話題に釣られやすい
  5. 自分で決められない

一攫千金を狙いたい

「とにかく大金が欲しい!」「一気に稼ぎたい!」「お金持ちになりたい!」と思っていないでしょうか?

誰でもそんなことを考えると思いますし、自身も同じようなことが思います(笑)

しかし、問題はこれらのことを投資で全て成し遂げようとすることです。

投資で大金を手にすることは不可能ではありませんが、要は「とにかく急がないこと」です。

1年以内に投資したお金を2倍や3倍にしたいと考えると、どうしてもハイリスクハイリターンな投資対象に手を出してしまいがちになります。

利益を急ぐあまり、短い期間で何度も売買を繰り返してしまい自滅しかねません。

こういう短い期間で売買を繰り返す行為は、プロのトレーダーでも難しいと言われているので、少なくとも株式チャートの見方を少しかじった程度の人はやめた方がいいかと。

短期間で大きな利益を得ようとすると、投資だったはずがギャンブルになってしまうので、一攫千金を狙っているなら投資はやめたほうが懸命です。

 

10年先の100万円より目の前にある10万円が欲しい

これはたとえ話ですが、今すぐもらえる10万円と10年後にもらえる100万円のどちらがいいでしょうか?

すぐに10万円もらえるならもらっておきたいところですが、投資は未来のためにお金と投じて高いリターンを得ることを目的としています。

すぐに使えるお金を増やしたいと思うなら、投資はやめて働くことをおすすめします。

理由は簡単。投資するよりも働いた方がリスクもありませんし手っ取り早いからです。

 

働かずに投資だけで生きたいと思っている

仕事をせずに投資だけで生きていけたら最高ですね(笑)

よほど多くの資産があれば話は別ですが、本気で「投資したお金だけで何もせずに遊んで生きていこう」と考えているならやめた方がいいです。

リスクはいろんなところに隠れています。会社で働き続けても倒産や解雇のリスクがありますが、投資についても同じことが言えます。

いくらリスクを分散して投資したとしても、投資したマーケットがいつ何時どうなるかなんて予想もつきません。

確かに米国株のように長い歴史の中で上昇し続けていますが、10年に一度くらいは経済危機はやってきます。

1年や2年で手踊で値が戻ればいいですが、過去には数十年かかってやっと値を戻すこともあったくらいです。

株の配当金やファンドの分配金でギリギリ生活できる程度の収益では、経済危機で相場が一気に下落したときに持ちこたえられない可能性があります。

投資だけでなく仕事もして、両方の収入源があった方がリスク分散にもつながります。

 

話題に釣られやすい

世の中には様々な流行や話題に溢れています。洋服や食べ物、生活スタイルにもブームというものがありますが、投資においてもブームというものがあります。

「これからは通販業界がいい!」とか「あの会社のこの商品は人気があるから株価が伸びるに違いない!」とか・・・

様々なメディアで話題の商品が紹介されたり、企業業績を知ることがありますが、残念ながらメディアに取り上げられる頃には既に株価は既に高値であることが多いです。

洋服と同じようにブームになったら値段が高くなり、ブームが去ったら安値で投げ売りされるのとよく似ています。

特に投資においては、毎日のように様々な情報や話題、アナリストの見解などが飛び交いますが、それらの話題に一喜一憂すると投資判断を誤ってしまい失敗しやすくなるので注意が必要です。

 

自分で決められない

投資対象や投資先の売買のタイミングなどをを自分で決められないようなら投資はしない方がいいです。

人の意見や経済アナリストの意見を聞くのもいいですが、あくまでも投資判断の一つの材料としてだけ考えておくのが懸命です。

どんなに優秀な経済アナリストや経済学者でも、未来の株価までは予測できないんです。事実、経済の専門家でも意外と予測は外れていたります(笑)

「あの人がこう言ってるからコレに投資しよう」とか「この人ああ言ってるからもう売ってしまおう」ということだけで投資判断をするなら、投資は一旦考え直すことをおすすめします。

個別銘柄の業績だけでなく、市場の動向などを調べ、中長期的に一定の予測をたてることが必要。自分で考え自分で投資判断するのは投資では当たり前のことですね。

おわりに

以上、「こんな人は投資はやめとけ!」と言いたい人の5つの特徴について解説しましたが、どれかに当てはまったでしょうか?

もし一つでも心当たりがあるなら一応「投資はやめとけ!」と言っておきます。

・・・と言っても何も投資を諦めることはありません。これら5つの特徴はは一つ一つ潰していき、考えを改善すればいつでも投資を開始してよいかと。

実を言えば、以前までは自身もこれらの特徴に全てドハマリしていました(笑)

そんな自身でも投資に関して様々な勉強を積み重ねた結果、投資に関する考え方はガラリと度変わりました。

今ではこれらの特徴にはどれにもハマらず、以前とは全く逆の方法で投資して順調に資産は増え続けています。

もし、あなたが今回解説した5つの特徴にハマってしまったなら、投資について正しい知識としっかりとした考えを養う努力をしてみてください。

多分、これらとは全く逆の思考で投資に望むことができるはず。そしてヒヤヒヤせずに安心して資産を運用することができるはずですよ。

リスクの低い方法で資産運用を考えている方は下記の関連記事も参考にしてみてくだいね。

読者の皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングに投票していただくか、SNSで共有してくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう