注目記事
初心者でも分かる!投資信託とは何か簡単に解説

先行きが不透明な昨今、将来への不安で仕方がありません。そこで資産運用を始めようと考える人も多いかと思いますが、絶対に資産運用で失敗なんてしたくありませんよね。

自身も3年前から投資について勉強し、それと同時に資産運用を始めましたが、今のところ順調に資産が増え続けています。

今回は「資産運用で失敗したくない」という人のために、ほぼ間違いないかと思われる資産の運用方法について解説したいと思います。是非、今後の資産運用の参考にしてみてください。

この記事は投資に関する内容になっています。下記の【ご注意】について同意していただいた方のみ、このまま読み進めてください。

ご注意
※この記事では投資について独自の見解を記載しています。投資の運用方法を示唆したり、運用結果を保証するものではありません。投資先や投資の方法についてはあくまで自己責任でお願い致します。

資産運用で失敗したくないなら投資信託

資産運用で失敗したくないなら投資信託

一言に資産運用と言っても、その運用方法は様々。

株式、FX、金・銀・プラチナ、先物などなど・・・最近ではビットコインというものもありますが、「投資対象が多すぎてどれがいいか分からん!」っていう方も多いのではないかと思います。

投資する対象を間違ってしまうと資産を運用するどころか、逆に資産を失ってしまうことになります。

物事には失敗はつきものですが、資産運用では絶対に失敗したくないですよね。今まで苦労して働いて得たお金を失ってしまったら最悪です。

「それじゃあどれに投資するのがいいの?」っていうことですが、自身がこれまでに失敗した過去の経験や、投資について学んだことをもとに考えると、結局のところ「投資信託で長期投資すれば、ほぼ確実に資産を増やすことができる」という答えに至りました。

投資信託のことがよく分からない方は『初心者でも分かる!投資信託とは何か簡単に解説』をご覧ください。

投資信託がいい理由

投資信託がいい理由

株やFX、先物といった投資対象を否定はしませんが、非常にリスクが高いので精神的にやられてしまい、仕事も生活もボロボロになるので、少なくとも投資初心者は失敗しやすいかと。

資産運用で失敗したくないなら、リスクを最小限に抑えて長期的に少しづつコツコツ運用できる投資信託が最も安全に、しかも比較的高いリターンで資産を増やすことができると考えています。

そんな考えから、3年前から投資信託で資産運用をした結果、3年間の間に資産を1.5倍まで増やすことができました。

つまり、100万円投資すれば150万円、1,000万円投資すれば1,500万円ということですね。

この資産1.5倍という増え方が大きいか少ないかという考えがあるかも知れませんが、何もしなくてもほったらかしで1.5倍になったというのが何よりも大事なこと。

ちゃんと仕事をしながら、知らない間にお金が増えていたという状態がいいわけです。

自身が資産運用の対象を投資信託に決めた理由を以下にまとめました。

投資信託がいい理由
    • プロが運用してくれるから安心
    • ほったらかしでいいから楽
    • リスク分散がしやすい
    • 長期的に見れば高いリターンが見込める

プロが運用してくれるから安心

なんと言っても投資信託の最大の特徴は、資産運用のプロが運用してくれるという点。

例えば自分で株に直接投資すれば上手くいくでしょうか?

そもそも投資をしたことがない素人が、投資についてちょろっと学んだ程度で上手くいくほど甘くはないです。

素人が仕事をしながら片手間で取引きしたところで、株式市場で取引きしているプロの投資家やトレーダーたちに勝てるわけでないですね。

つまり、投資をするなら自分よりも投資の専門家にお任せした方が信用できるし安心もできるわけです。

 

ほったらかしでいいから楽

自分で株式などに直接投資をすると、銘柄選びから売買のタイミングなど全部自分で判断する必要があるので、その労力も相当なものです。

しかも株式市場は日中に値動きしているので、株価が気になって仕方ありません。FXなら24時間ずっと値動きしているので、夜寝ている間に大損してしまうことも。

その点、投資信託なら価格が決まるのも1日に1回だけなので、それほど価格を気にしなくていいです。それどころかせいぜい1ヵ月〜3ヵ月に1回くらい運用状況を確認するくらいでいいかと。

選ぶファンドによっては、ほぼほったらかしでも資産が増え続けます。平常心を保つことができるので、精神衛生的にもいいです。

 

リスク分散がしやすい

投資の世界ではリスクを分散するのが常識と言えますが、株式への直接投資だけで分散させるのは銘柄選びが大変です。

投資信託なら、1つのファンドの中に様々な銘柄の株式や債券、不動産などが含まれているので、それだけで一定のリスク分散ができていることになります。

更に様々な分野や国籍のファンドを2つ3つ保有すれば、更にリスクを分散することができるので安心感が増します。

 

長期的に見れば高いリターンが見込める

やはり投資のプロが運用しているからなのかも知れませんが、よほど変なファンドを選ばない限り、上がったり下がったりを繰り返しながらも、長い期間をかけて上昇する銘柄が多いように思います。

また、分配金を再投資することで元本が増える複利効果が得られるので、長い期間保有するほど高いリターンを狙うことができます。

そして更にコツコツ積み立て投資をすることで、サラリーマンでも1億円も夢ではなかったりします。

投資の諸先輩も投資信託をすすめている

資産運用は、やはり成功している人から学ぶのが一番だと考えています。プロの投資家やファイナンシャルプランナーは実際に運用しているだけでなく、成功や失敗の事例もよく知っています。

投資の諸先輩方の見解としても、皆さん投資信託での長期投資を推奨しているので、これはほぼ間違いない資産運用だと思われます。

つまり、投資信託での長期投資こそが資産運用の王道と言ってもいいかも知れません。資産運用に失敗しないためにも、投資信託は外せない運用方法ではないでしょうか。

 

読者の皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングに投票していただくか、SNSで共有してくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう