注目記事
キャンプでの炭の入れ物は土嚢袋が便利だった!

これまでキャンプやBBQに行ったとき、炭をダンボール箱に入れたまま出かけていましたが、どうもしっくりこないので、何か便利な入れ物はないかと考えていました。

いろいろ検討した結果、「土嚢袋」が便利なんじゃないかと思って、ホームセンターで土嚢袋を購入。

実際に使ってみると思った以上に便利だったので、詳しく解説したいと思います。

キャンプやBBQでの炭の入れ物は何がいいのか

炭の持ち運びは購入したときのダンボールのまま持って行ってもいいんですが、炭が残ってしまった場合、ダンボール箱のままでは次回の使用時まで炭を密閉できなかったりします。

家に帰ってからの炭の収納にも困っていたので、ある程度ちゃんとした入れ物に入れた方がいいかと思ってました。

最近で流行りの「アンモボックス」という弾薬箱みたいなのもカッコよくていいんですが、こういう箱型のハードケースに入れてしまうと、空っぽになっても箱の分だけ場所をとってしまいます。

しかもアンモボックスはなかなか値段もお高い。

炭を使い終わった後の収納のことを考えると、箱型のハードケースよりも袋の方がよさそうです。

土嚢袋に炭を入れて使ってみた

ということで、土嚢袋をホームセンターで10枚入りを700円くらいで購入しました。

アンモボックスと比べると超格安ですね(笑)

あんまり大きいサイズの土嚢袋に詰め込んでも持ち運びが大変なので、約48cm×62cmサイズが丁度いいです。

 

1枚だけだと炭の角で破けたりしそうなので、袋は2重にしました。

これで強度も問題ありません。

 

土嚢袋は巾着になってるんで、口をガバっと開けるのも便利。炭が取り出しやすいです。

袋なので安定しないようにも思えるんですが、炭の重みで袋の座りもいいので、空っぽになるまで安定して炭を取り出すことができますよ。

 

炭が空っぽになったらグルグル巻きにして収納すればいいですし、炭が余った場合は袋を閉じて家の中に収納しておけばオッケー。

袋だから使い終わっても場所をとらないのがいいですね。

燃やした炭の処理は『バーベキューで余った炭は再利用!火消し壺とバーベキューグリル』を参考にしてみてください。

土嚢袋のメリット

以上のことから、炭の入れ物は土嚢袋が便利だということが分かりました。

土嚢袋のメリットを以下にまとめておきます。

土嚢袋のメリット
    • 値段が安い
    • 炭が取り出しやすい
    • 持ち運びやすい
    • 収納が省スペース

おわりに

キャンプをするようになると、ついつい道具に凝ってしまって、おしゃれで高価なものを買いたい衝動にかられてしまいますが、こういう安いものでも十分に使えるということが分かりました。

炭の持ち運びや収納に困っていたら、ぜひ土嚢袋を試してみてくださいね!

読者の皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングに投票していただくか、SNSで共有してくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事