クリスタとフォトショはどっちがいいか問題を解決します!

これからデジ絵を始めたいけど「クリスタとフォトショはどっちがいいの?」と悩んでいる方は多いんじゃないでしょうか?

自身はCLIP STUDIO PAINTもPhotoshopも使っていますが、機能的には両方とも素晴らしいソフトで甲乙つけがたいです。

とは言ってもイラストを仕事にでもしていない限り、両方とも購入するのは現実的ではないですよね。

今回は、CLIP STUDIO PAINTとPhotoshopのどちらを選ぶべきかで頭を悩ましている方のために、それぞれの違いについて解説していこうと思います。

クリスタとフォトショはどっちがいいの?

「CLIP STUDIO PAINTとPhotoshopはどっちがいい?」と聞かれたら、結論としては「どっちもいい!」というのが正直なところです。

でも、こんなこと言ったら怒られてしまいそうですね。

もう少し具体的にお伝えすると、「どの分野でイラストを描くかによってどっちがいいかは違ってくる」といった感じでしょうか。

ざっくり言うと、漫画やアニメなどの分野でイラストを描くなら「CLIP STUDIO PAINT」

絵画やアート画、デザインなどの分野でイラストを描くなら「Photoshop」といった感じです。

CLIP STUDIO PAINTを選んだ方がいい人

CLIP STUDIO PAINTは、コマ割りやフキダシといった漫画の機能や、アニメーションの機能が充実しているのが大きな特徴です。

また、学生でも十分手の届く値段で購入できるというのも特徴の一つ。

これからデジ絵を始める初心者はもちろん、将来的に漫画やアニメで生計を立てたいという人はCLIP STUDIO PAINTを選べば間違いないと言えるでしょう。

デザインやアート画でも機能は十分ですが、レイアウトの調整がやや苦手な面があり、イラストをパーツ毎に編集したいときには動作が鈍いのでちょっとキツイです。

できるだけ先にレイアウトを確定しておいて描き込んでいく必要があります。

その点を除いては、「こんな高機能なのにこの値段でいいの?」って思うくらいよくできたソフトです。

「とりあえず趣味レベルからデジ絵をやってみたいな」という人はCLIP STUDIO PAINTがおすすめです。

クリスタは漫画が得意なだけあって、参考書籍の方も漫画に特化した解説書が販売されています。

Photoshopを選んだ方がいい人

一枚もののアート画を作成するならPhotoshopさえあれば何でもできると言ってもいいかも知れません。

Photoshopは写実的な絵を描くことができるため背景のイラストで多く用いられます。

写真との合成や加工も得意中の得意。更には、WEBのUI(ユーザーインターフェース)やバナー広告に至るまでこなすことができます。

グラフィックに関わることは、ほぼなんでもこなすことができる汎用性の高いソフトと言えます。

Photoshopを購入するなら、「Creative Cloud フォトプラン」が一番お手頃価格ですが、買い切りできないのが残念なところ。

特にデザイン業界ではIllustratorやPhotoshopといったAdobe製品一色の業界スタンダードになっているので、もしその分野で仕事をするつもりなら、Adobe製品のPhotoshopを選んでおけば間違いありません。

更に言えば、デザイン業界でやっていくなら、Photoshopを選ぶしかないのと同時にIllustratorがないとキツいので、結局コンプリートプランになってくるかと。

いずれにしても、「ちょっとデジ絵をやってみたいな」という人はPhotoshopを選ぶ必要はありません。

WEBデザイナーやグラフィックデザイナーといったデザイン分野でイラストを描くならPhotoshopがよいかと思います。

Photoshopに関しては、絵画からレタッチに至るまで参考書籍は多く販売されていますが、イラストに関しては背景画の書籍が参考になるかと思います。

まとめ

クリスタとフォトショの違いをまとめると以下のような感じです。

CLIP STUDIO PAINTPhotoshop
得意分野
  • 漫画
  • イラスト
  • アート画
  • イラスト
  • デザイン
  • 写真との合成・加工
主に利用される業界漫画・アニメ業界デザイン業界
よく用いられる対象物人物や動物などのキャラクター風景画や背景画
どんな人におすすめ?
  • 漫画を制作したい人
  • 趣味で絵を描きたい人
  • WEBやグラフィックのデザインに使いたい人
  • 1枚もののアート作品を制作したい人
コストパフォーマンス

 

CLIP STUDIO PAINTだからアート画やデザインができないということでもないですし、Photoshopだから漫画が描けないということもありません。

対象物についても、クリスタは人物などのキャラクターを描いている人が多いのと、フォトショは背景を描く人が多い傾向にあるというだけで、もちろんどちらでも問題なく描くことはできます。

CLIP STUDIO PAINTで簡単なことがPhotoshopではしんどかったり、Photoshopで簡単にできることがCLIP STUDIO PAINTでは時間がかかるといった具合です。

以上のことを踏まえた上で、自分のスタイルに合ったソフトを選べばよいかと思います。

CLIP STUDIO PAINTからPhotoshopへの移行もアリ!

さて、利用するソフトは決まりましたか? まだ決まってない?

そういう人のためにオマケ情報です。

それは、クリスタはフォトショと操作が似ている部分が多いということ。

クリスタとフォトショの操作比較は下記の関連記事で紹介しています。

 

つまり、CLIP STUDIO PAINTがある程度使えるようになってから、「やっぱりPhotoshopも使いたいなぁ」と思ったとしても、違和感なくPhotoshopに移行することができるんです。

最終的に両方使うことになり、互いのいいとこ取りができちゃいますよ。

デジタルイラストを続けていけるか不安のある人は、最初から無理してPhotoshopを選ばずに、CLIP STUDIO PAINTでひとまず間違いはないかと思いますよ。

読者の皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングに投票していただくか、SNSで共有してくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう