優秀過ぎるAdobeCreativeCloud!コンプリートプランにできること

Adobe Creative Cloud(アドビクリエイティブクラウド)のコンプリートプランは、クリエイターにとっては優秀なソフトが使い放題なのでスゴく便利なんですが、できることが多すぎて「実際に何ができるのかよく分からない」といった人も多いようです。

今回は、グラフィックデザイナーとしてAdobe製品を20年以上使ってきた筆者が、AdobeCCのコンプリートプランがあればできることを簡単に解説したいと思います。

AdobeCCコンプリートプランがあればできること

Adobe Creative Cloud(以下AdobeCC)は、主にクリエイターのソフトが数多く含まれていて、その数は20種類以上もあります。

MacやWindowsPCで使えるソフトだけでなく、モバイル用のアプリもあるので、クリエイターにとって欲しいソフトはコンプリートプランに必ず含まれていると言っても過言ではないかと。

つまり、AdobeCCのコンプリートプランならクリエイティブなことは何でもできると言えます。

あくまでもクリエイティブな作品を作り出すことを目的としているので、WordやExcelのようなビジネス文書や表計算は不向きですが、イラストやデザインの制作から動画編集に至るまで、クリエイティブ作業のほとんどをこなすことができます。

AdobeCCコンプリートプランはできることはあまりにも多すぎて、細かいことまで紹介しきれませんが、主に以下のようなことができるようになります。

AdobeCCコンプリートプランにできること
    • 絵画・イラストの制作
    • グラフィックデザイン
    • WEBデザイン
    • 写真の加工と合成
    • 動画編集
    • 企画書の作成

 

絵画・イラストの制作

アーティストやイラストレーターが描くような絵やイラストは、IllustratorとPhotoshopの2つがあれば、ほとんどの表現ができるようになります。

Illustratorは図形のような表現を得意とし、Photoshopは水彩画のような表現を得意としているので、絵のタッチによって使い分けたり、両方を組み合わせて使ったりします。

主に使用するソフト
Illustrator/Photoshop

グラフィックデザイン

グラフィックデザインのような印刷物のデザインができます。

ポスターやDM、パッケージのデザインはIllustratorとPhotoshopを使用しますが、カタログのようなページ数の多い印刷物のデザインはInDesignを使えば効率的です。

主に使用するソフト
Illustrator/Photoshop/InDesign

WEBデザイン

WEBページのレイアウトや動作の編集はDreamweaverやAdobe XDを使用しますが、イラストや写真などの細かいパーツを制作・加工したい場合はIllustratorやPhotoshopがあったほうが便利だったりします。

細部のデザインまでこだわるなら、IllustratorとPhotoshopの両方があった方がいいです。

主に使用するソフト
Dreamweaver/Adobe XD/Illustrator/Photoshop

写真の加工と合成

写真の加工や合成ならLightroomとPhotoshopがあればほとんどのことができます。

写真の簡単な色調整やゴミの除去ならLightroomが便利ですが、複数の写真を組み合わせたり、イラストと合成したりといった複雑な作業をするならPhotoshopもあった方が便利です。

撮った写真をインスタ用に見栄えを良くするならLightroom。写真を使って作品づくりをするならPhotoshopという使い分けがいいと思います。

主に使用するソフト
Lightroom/Photoshop

動画編集

Premiere ProやPremiere Rushでで動画を編集することができますが、本格的に細かい編集までするならPremiere Pro、趣味程度でサクッと編集するならPremiere Rushを使うといいです。

アニメーションのような動画を作りたいなら、Animareを使うことで実現できます。

また、動画を編集していると音声を編集したくなることがあります。

例えば、撮影した動画に救急車のサイレンの音が入ってしまったような場合はAuditionを使ってサイレンの音だけを消すことが可能になります。

主に使用するソフト
Premiere Pro/Premiere Rush/After Effects/Animate/Audition

企画書の作成

企画書といえばほとんどの人はPowerPointで作ることを考えると思いますが、IllustratorやInDesignを使えばカッコいいデザインの企画書を作ることもできます。

また、ボタンをタッチすると動き出すようなインタラクティブな企画書を作るならAdobe XDもおすすめ。

InDesignにも簡単なインタラクティブ機能が付いているので、使いやすいソフトを選ぶといいです。

主に使用するソフト
Illustrator/InDesign/Adobe XD

AdobeCCコンプリートプランは優秀過ぎる!

自身はもともとグラフィックデザインをやったりイラストを描いたりしてたんですが、出来上がった作品の紹介用の動画制作もやるようになりました。

つまり、IllustratorやPhotoshopだけでなく、Premiere Proなどの動画編集ソフトも必要になったというわけですが、結局のところ「アレもしたい!コレもやってみたい!」となって、必然的に「AdobeCCコンプリートプランになっちゃった」ということです(笑)

こうなってしまったら、もはや選択の余地はありません。

値段が高かったのでかなり悩みましたが、結果コンプリートプランを導入することにしました。

しかし、AdobeCCコンプリートプランはあまりにも便利で優秀なソフトばかり揃っているので後悔はしていません。 もう完全にAdobe依存症です(笑)

これからAdobeCCコンプリートプランを購入したい人は是非気をつけてください!

AdobeCCコンプリートプランを使い始めたら最後! 他のソフトを使おうなんて思いません!

おそらく一生コンプリートプランを使い続けることになるので、ずっとAdobeCCコンプリートプランと人生を共にする覚悟をもって導入を検討することをおすすめします。

 

読者の皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングに投票していただくか、SNSで共有してくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう