注目記事
初心者ならまず一冊!CLIP STUDIO PAINTの使い方が分かる本!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)を購入したら、とりあえず使い方が分かる本が1冊欲しいところ。

クリスタを購入したばかりのときは、まずは何をすればいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。

「基本的な使い方だけでもいいから早くクリスタを使えるようになりたい!」と思いますよね。

そんなときにまず手にして欲しい1冊が「CLIP STUDIO PAINT PRO 公式リファレンスブック」です。

「な〜んや、結局公式の本をすすめるんや」って思うかも知れませんが、公式リファレンスブックをあなどるなかれ。

これがスゴく分かりやすい本になってるんです。しかもこの一冊さえ網羅すれば、簡単にクリスタが使えるようになるんです。

スグにCLIP STUDIO PAINTの使い方が分かる本

クリスタの使い方を解説した関連書籍は、かなり突っ込んだ内容の本も加えると、あまりにもたくさん販売されていて、結局どの本がいいかよく分からないという方も多いはず。

「クリスタを使うのは初めてで、デジタルでイラストを描くこと自体が初めて。しかも最初に何をすればいいかすらも分からない!」

という場合は、最初の1冊は慎重に選ばないと、解説を読んでも何を言ってるのか分からないといったことになってしまうので、最初は超入門の本がおすすめです。

そして、きっとこの一冊さえ読めばまず間違いなくクリスタの使い方が分かるようになるというのが「CLIP STUDIO PAINT PRO 公式リファレンスブック」です。

「EX版」については「CLIP STUDIO PAINT EX 公式リファレンスブック」を持っておくといいでしょう。

 

 

クリスタ公式リファレンスブックのいいところ

公式リファレンスブックのいいところ。買って良かったと思うことを以下にまとめたので参考にしてみてくだい。

尚、自身が所有しているクリスタのPRO版のリファレンスブックで説明していきます。

 

公式リファレンスブックのいいところ
    • 手順に従って進めることができる
    • 一通り読めば使えるようになる。
      • 知りたいところだけを探して読むことができる
      • 用語が簡潔に解説されている
      • 便利な使い方も解説されている
      • 初心者がとっつきやすいページ数

       

      手順に従って進めることができる

      クリスタをパソコンにインストールした後、ソフトを起動したけど「まずはじめに何をしたらいいか分からない」といったことがなく、本を読みながら順を追って進めていくことができます。

      何も考えずに本を前から進めていけばいいので、初めてでも分かりやすいです。

       

      一通り読めば使えるようになる。

      クリスタを操作しながら、本書の最初から最後までを一通り読んでしまえば、といあえずクリスタを使うことができるようになります。

      あまり難しいことは考えずに、リファレンスに書いてある通りに進めていけばオッケーです。

      全部終わったら知らないうちにクリスタの操作方法は概ね理解できるようになりますよ。

       

      知りたいところだけを探して読むことができる

      一通り読み終わってクリスタの使い方を理解したとしても、1回操作しただけでは完全には覚えきれません。

      しかし、この公式リファレンスは「やりたいこと」が分かりやすい見出しになってるので、「あの操作方法なんだっけ?」というときに知りたい操作方法だけをスグに探して読み返すことができます。

      忘れたところだけを探して辞書みたいな感覚で使えるので、後からどこかの一部の使い方だけ忘れた時にも役に立ってくれます。

       

      用語が簡潔に解説されている

      デジタルイラストを描いていく上で最低限必要になってくる用語の解説もされているので、初心者でも無理なく理解できるようになっています。

      用語解説はすごく簡単に説明されているので、専門用語で悩まされるということもないかと。

       

      便利な使い方も解説されている

      本書の最後には「覚えておきたい便利な機能」についても解説されていて、面倒な作業が一発で解決したり、効率的にイラストを作成することができるようになったりします。

      是非ともこのセクションは面倒くさがらずに読んでおきたい部分。

      初心者がとっつきやすいページ数

      全部で200ページ足らずで1冊読み終えるまでのゴールが近いので、初心者にはとっつきやすい内容になっています。

      かと言って解説している内容が薄すぎないので、ちょうどいい情報量になっています。

      クリスタの使い方を習得するためだけに必要な情報を凝縮したページ数と言えるでしょう。

       

      クリスタを深く知りたい場合は次の一冊も

      CLIP STUDIO PAINT 公式リファレンスを読めばひとまずクリスタを使えるようになるのは間違いありません。

      ただし、あくまでもクリスタの操作方法について解説した本なので、「こんな感じのイラストにしたい」とか「こういう雰囲気の絵が描けるようになりたい」という人のための本にはなっていません。

      どんなブラシを使って、どんな効果を加えれば思ったとおりの表現ができるか知りたい場合は、プロのイラストレーターの作品を参考にするとステップアップしやすかったりします。

      一通りクリスタの使い方が分かったら、次の段階は中級の本を参考にするとステップアップに繋がります。

      特に色の塗り方でイラストの完成度がかなり違ってくるので、プロの色の塗り方を参考にしてみると、いろんな気付きがあったりするのでおすすめ。

      おわりに

      「CLIP STUDIO PAINT PRO 公式リファレンスブック」 は初心者にはホントに優しい作りになってるので、クリスタを使ってデジ絵を描くのは初めてという方は、間違いなくお役立ち本となってくれるかと。

      入門書って一通り読んだら要らなくなったりするんですが、この公式リファレンスブックは1年、2年経ってもちょくちょく読み返すことがあります。

      デジタルイラストを描いていて、途中クリスタの使い方を忘れたら、いつでも読み返せるようにパソコンの横にでも置いておくといいですよ。

      CLIP STUDIO PAINTでイラストを描くなら手放せなくなる一冊! まさにクリスタの辞書と言えるでしょう!

      読者の皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングに投票していただくか、SNSで共有してくださいね。

      ブログランキング・にほんブログ村へ



      スポンサーリンク

      この記事が気に入ったら
      フォローしよう

      最新情報をお届けします

      Twitterでフォローしよう