注目記事
オリジナルで作ったストラップホール付き耐衝撃iPhoneケースが便利!

以前からiPhoneのケースを新しくしたかったんですが、販売しているものでイマイチこれといったものが見つからなかったので、自分用にオリジナルグッズとしてiPhoneケースを作ってみました。

これが結構便利なiPhoneケースだったので、ちょこっと紹介したいと思います。

iPhoneXにストラップが付けれない!

自身が使っているiPhoneXはストラップが付けられないのが不便だったので、ストラップを取り付けることができるiPhoneケースをずっと探していました。

ネットでいろいろ調べてみるものの、首からぶら下げるネックストラップになっているケースとか、ポーチみたいになっている大層な代物ばかりで、どれもこれもイマイチだったんですよね〜。

それに万が一のことを考えて、耐衝撃タイプのものが欲しかったんですが、ストラップホール付きでしかも耐衝撃、更にはワイヤレス充電できるiPhoneケースなんてのはそうそう見つかるもんじゃございません。

ということで、最終的にオリジナルでiPhoneケースを作るということになった次第です。

実際に作ったiPhoneXのケースがこれ。

ハンドストラップが付いて耐衝撃タイプ、更にはワイヤレス充電にも対応してるんで、めちゃくちゃ気に入ってるんです。

ちょっとパソコンが触れる人なら誰にでも簡単に作れるので、やってみたい方は是非チャレンジしてみてはどうでしょう。

このiPhoneケースのデザインができるまでの制作過程はYouTubeにアップしています。ご興味のある方見てみてくださいね。

ストラップホール付きiPhoneケースをオリジナルで作ってみた

それでは、実際にオリジナルのiPhoneケースの作り方をざっくり説明していきますね。

 

ストラップホール付きのiPhoneケースは「Canvath」というサイトで作ることができました。

一番安いタイプのスマホケースなら1個900円〜」という感じで安く作れるというサイトなんですが、今回作ったスマホケースは、2300円(送料・税込み)で作ることができます。

 

他にもいろんなタイプのスマホケースがあるのでいろいろ見てみるとよいかと思いますよ。

今回は【強化ガラス仕上げスマホケース】を選びました。

 

 

オリジナルのスマホケースケースを作る画面に切り替わったら、自分で用意した画像をドラッグしてアップロードします。

横:1002px(ピクセル) 縦:1999px(ピクセル)が推奨サイズですが、多少誤差があっても大丈夫。

ただしあまり小さい画像だと仕上がりが汚くなってしまうので、サイズはちょっと大きめにしておくのがおすすめ。

尚、画像データの容量は10MB(メガバイト)以内でないとアップロードできません。

著作権には細心の注意を!
漫画やアニメのキャラクターはグッズにしてはいけません。またフリーの素材でも作ったグッズを販売する行為も禁止されていることが多いので、素材の入手元で事前に確認しておきましょう!

 

画面の指示に従って進めれ、スグに注文することができます。

ちなみに「BASE(ベイス)」で販売することもできるので、デザインに自信のある方はBASEを利用して無在庫販売にチャレンジすることもできますよ。

BASEで販売してみたい方は『オリジナルグッズの無在庫販売ならBASEがおすすめ!その理由は?』も合わせてご覧ください。

出来上がったiPhoneケースの感想

これが実際に届いたiPhoneXのケース。

 

Canvathのサイトのプレビュー画面では確認できませんでしたが、印刷面とサイド側の間は印刷されない部分なので、少し白い部分が残っています。

まあ、これはこれでお洒落かも知れないですね。

 

写真がヘタクソで分かりにくいんですが、印刷面はツヤがあります。印刷の精度もいい感じで思っていた以上に細かい部分も忠実にプリントされています。

 

すかさずストラップホールにハンドストラップを取り付けました。

 

コレコレ! こういうハンドストラップを取り付けることができるiPhoneケースが欲しかったんです(笑)

これでiPhoneを落とす心配がなくなりました!

しかも仮に落としたとしても、強化ガラスとTPU素材の耐衝撃タイプだからこれで超安心です!

 

もちろんワイヤレス充電もオッケー!

おわりに

大事なiPhoneを守るケースはスゴく重要なアイテム。

見た目のデザインだけでなく、落下のリスクや利便性のことも考えるとやっぱりこういう耐衝撃タイプでストラップホール付きがいいですね!

以上、今回のiPhoneケースはCanvathというサイトを利用しました。

最近ではオリジナルグッズを作れるサイトは他にもたくさんあるので、スマホケース以外にも作ってみたいものがあるなら、作れるグッズの種類が豊富なオリジナルプリント.jpもチェックしておくとよいかと。

また、Canvathやオリジナルプリント.JPなら、BASE(ベイス)と連携して無在庫販売もできるので、「オリジナルグッズを販売してみたい!」という方はネットショップにチャレンジしてみるのもいいかも知れませんね。

それではまた!

読者の皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングに投票していただくか、SNSで共有してくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事