注目記事
香ばしく焼き上がった甘鯛の干物をいただく!-1

「47クラブ」の「まるたま本舗」というショップで購入した魚の干物セットの中から、今回は甘鯛の干物を食べてみることにしました。

前回食べたアジの干物が美味かっただけでに、今回の甘鯛は更に期待が高まります。

アジの干物は『47clubで魚の干物セットを購入!アジの干物を食べてみた!』でレビューしています。

47クラブで買った甘鯛の干物を焼く!

「47CLUB(よんななクラブ)」のまるたま本舗で購入した「まるたまセット」は、甘鯛の他にアジ、連子鯛、ノドグロといった4種類の魚が入った魚の干物セット。

今回はその中から甘鯛の干物をチョイス!

他の魚の干物の記事は下記をご覧ください。

>> 連子鯛の干物を食べてみた感想はこちら

>> ノドグロの干物を食べてみた感想はこちら

>> アジの干物を食べてみた感想はこちら

甘鯛はホントに美味しい魚で、磯焼きや味噌漬け、煮て食べても美味いですよね。

時々スーパーでも売ってますが、高価なお値段なのでなかなか食べることができません。

 

そんな高級魚の甘鯛を、贅沢にも干物にしたものがコレ。

甘鯛としては決して大きいサイズではありませんが、干物で食べるにはグッドなサイズです。

 

フライパンにくっつかないホイルを敷いて、冷凍しておいた甘鯛の干物をそのまま焼いていきます。(※油はいりません)

火加減は中火の弱めでじっくりと焼いていき、身の表面の外側あたりが白っぽくなってきたら裏返します。

カルタスシュフーレくっつかないホイル25x6m

 

くっつかないホイルを敷いて焼けば、油を使わなくていいので、こんがり香ばしい焦げ目がついてくれます。

あまり焼きすぎるとパサパサになってしまうので、ときどき焼き加減を覗いてみて、火が通ってそうならオッケー。

裏返したら5分くらいでいい具合に焼けるかと思います。

香ばしく焼き上がった甘鯛の干物をいただく!

焼き上がった甘鯛の干物からは香ばしい香りが漂ってきて生ツバものです。

やっぱり日本酒と一緒にいただきます(笑)

 

焼き立ては身がホロッと取れてくれるので食べやすいですよ。

言うまでもありませんが、もちろん味も一級品! 日本酒と一緒に味わう甘鯛の干物は贅沢そのものです。

 

皮のパリパリ感と身のホクホク感がいい具合に食欲を増進してくれたので、酒も魚も進むわ進む!

毎度下手くそな食べ方ですが、あっという間に完食です。 やっぱ甘鯛はマジウマいわ〜〜!

おわりに

甘鯛はどうしたって美味しい魚だけでに、やっぱり干物もいい味出してました。

魚の干物は焼き加減が大事なので、皮パリパリ身ホロホロになるよう焼いて食べてくださいね。

焼き方は簡単なので、料理が苦手な人も美味しく焼けると思います。

ではでは。

>> お取り寄せ・贈答サイト【47CLUB(よんななクラブ)】はこちら

読者の皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングに投票していただくか、SNSで共有してくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事