注目記事
コレは美味すぎ!鳥羽浦村の殻付き牡蠣カンカン焼き

奥さんが以前から「殻付きの牡蠣が食べたい!」と言ってたので、ネットで殻付き牡蠣のカンカン焼き購入してみました。

鳥羽浦村の殻付き牡蠣

購入したのは鳥羽浦村の牡蠣。焼き牡蠣の食べ放題が盛んな地域で「浦村かき」として有名な牡蠣ですね。

美味しい牡蠣を食べに行く時間がなかったので、今回はネットで購入しましたが、現地で焼き牡蠣の食べ放題に行くのもいいですね!

殻付き牡蠣のカンカン焼きが到着!

楽天市場で購入して、指定した日にヤマトさんのクール便で到着しました。

 

奥さんと二人で食べる量としては多いように思いますが、たらふく食べたかったので30個入(約3.5kg)を購入。

缶を開けた時点で、既にワクワク感がハンパない感じです。

 

殻付きの牡蠣を食べるための道具もちゃんとセットされてました。

 

殻の上からですが、どの牡蠣もグッドサイズ! 更に期待は高まります!

牡蠣のカンカン焼きを調理

カンカンの中に蒸し焼きにするための水かお酒を入れるんですが、「そりゃ酒の方が絶対旨いやん!」ってことで、日本酒を投入することにします。

 

お酒を投入したら早速ガスを点火!

 

10分〜15分の間、中弱火でグツグツ焼いていきます。

 

カンカンのフタから湯気が出てきたらオッケー!

 

しっかりと湯気が出てきたところでフタを開けてみると、牡蠣の香りがアツアツな湯気と一緒に開放されます!

この湯気だけで日本酒が一杯いけそうです(笑)

殻付き牡蠣を食す!

さてさていよいよ食事の時間で〜す!

 

牡蠣の殻を一個づつ丁寧に開いていきます。それにしてもこの牡蠣用のナイフは便利ですわ。

 

見てください! このプリップリで大ぶりの牡蠣を!

 

牡蠣の殻に残った出汁がまた美味い! 何も付けなくてもいい感じの塩加減で蒸し焼きになってますよ!

 

2つ目、3つ目とどんどん食が進みます! そして酒もススム!

 

次から次へと殻を開けまくります!

 

ハイ! またまたプリプリ!

 

ああ〜! この汁は絶対に美味いヤツですよね〜。

 

結局30個あった殻付き牡蠣を夫婦二人であっという間に食べ尽くしてしまいました。

この後、酔っ払ったせいで寝てしまったのは言うまでもありませんね(笑)

「浦村かき」の出荷時期は9月〜3月の間

それにしても殻付きの牡蠣ってなんでこんなに美味いんでしょうね〜。

鳥羽浦村の牡蠣はホントに美味いのでおすすめですよ!

ちなみに9月〜翌年の3月までの間が出荷時期なので、気になる方は今のうちに!

読者の皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングに投票していただくか、SNSで多くの人に知らせてくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事