REITの分配金は投資リスクをマイルドにしてくれる精神安定剤!

2020年のコロナショック以降の株式市場はすごい勢いで値を戻して上昇が続いてましたが、ここ最近はダウ、NASDAQともに下げが続いています。

主にハイテク株が売られているのでダウ、NASDAQに大きな影響が出ているようですね。

自身も米国株を組みれた投資信託を中心に運用していますが、やはりダウやNASDAQが上がらない限りあまりいい成績とは言えません。しかし、運用資産の半分をREITに投資した毎月の収入ががここにきて大きな役目を果たしてくれています。

今回は自身が投資しているREITの投資信託について少しお話したいと思います。

この記事は投資に関する内容になっています。下記の【ご注意】について同意していただいた方のみ、このまま読み進めてください。

ご注意
※この記事では投資について独自の見解を記載しています。投資の運用方法を示唆したり、運用結果を保証するものではありません。投資先や投資の方法についてはあくまで自己責任でお願い致します。

REITなしでは株価が下がると不安になる

過去の経済の歴史から見ても、主な投資先は米国株にしておけば長い目で見ればほぼ間違いなく資産が増え続けるとは思うんですが、それでも株式相場というのは上がるときもあれば下がるときもあるわけです。

 

長期投資は、「投資したことを忘れておくぐらいが丁度いい」というのは分かってはいるものの、ついつい保有してる投資信託がどうなっているのかは気になるところ。

特に株式市場の長い下げ相場のときは、含み損を持ち続けることになるので不安でいっぱいになることもあります。

自身のような投資初心者は、そもそも投資のリスクに対する耐性ができ上がってないので、株式市場が下げている時期が長引くと恐怖に耐えることができなくなってしまいます。

早めにロスカットして安くなったら買い戻すという手もありますが、投資の初心者が何度も売買しているとヘタすれば手数料を払うだけになってしまいますし、神経をすり減らしてしまって投資を続けることがイヤになってしまいます。

そこで株価が下がっている時期でも定期的に収入が得られる方法が必要になるわけです。

REITの安定した分配金は精神安定剤になる!

投資で毎月の収入を得る方法として、株の配当金という手もありますが、投資額に対して得られる配当金の金額があまりにもしょぼい。

株式の場合、売却益を狙うことをメインとしてるので、配当金でまとまった収入を得ようとすると、かなりの金額を投資しなくてはなりません。当然それだけの金額を投資するということは、株価が下がったときには相当な含み損を持ち続けることになるので、配当金ではカバーしきれません。

では、「どうやって安定した大きなインカムゲインを得るか」ということが重要になるわけですが、いろいろ考えた末にREITの投資信託を選択することにしました。

個別銘柄のREITはリスクが大きいので、住居、店舗、オフィス、ホテルの他、物流施設、データセンターといった様々なREITを組み入れた投資信託を選んでいるところがポイントです。

様々なREITを組みれた投資信託なら、リスクも分散できているし得られる分配金も結構大きかったりします。そもそも分配金の収入源は家賃収入になるので比較的安定した収入になったりします。

例えばJ-REITの場合、収益の90%以上を分配金にすれば法人税がかからないといった税制上のことから、株式と比べると大きな分配金を得やすいというメリットがあります。

つまり、保有しているREITの基準価格が多少下がったとしても、分配金である程度カバーできるというわけです。

そんな理由から、投資資産の約半分をREITの投資信託(毎月分配型)に振り分けたわけですが、ここにきて投資したREITがいい仕事をしてくれています。

毎月分配型にした理由は、毎月確実に得られる収入が欲しかったことと、投資資産を毎月チェックしているので、ある程度決まった収入があると毎月安心できるからです。

ここ最近は米国の株式市場も高値の警戒感から売りの方が強い印象で、米国株式の投資信託もややマイナス傾向ですが、このマイナス分をREITの分配金でしっかりカバーできています。これは、まさに自身の作戦どおり!

REITの分配金のおかげで、他の投資信託を保有し続けているという状態を維持できています。しかもREITに関してはコロナショックで下がった後に保有したので、REIT自体の基準価格も少しづつ上昇中。

REITはインカムゲインとなる分配金がメインで、売却時のキャピタルゲインはあくまでオマケ。株式とは違った性質なので、リスク分散として株式との相性はいいんじゃないかと。

長期投資のリスクへの耐性を強化するという意味で購入したREITは狙い通りの役割を果たしてくれました。

REITは期投資を続けるためのいい精神安定剤になってくれています。

そもそもREITについてよく分からないという方は関連記事『REITに投資するのはやめとけの理由が分からない』をご覧ください。

おわりに

今後の株式市場の予想としては、しばらく利益確定売りが続くんじゃないかと思うんですが、どれくらいの下げ幅になるか分からないし、どくらいで上昇トレンドに戻るかもハッキリ言って分からないです(笑)

まあ、プロの投資家ですら未来の株価の予想はでいないって言いますから、売却益だけを狙う株式投資だけで資産運用をするのは初心者にはしんどいなって思います。

その点、信頼できる投資信託に資産を預けておけば、日々マーケットを見ながら細かい売買をしてくれているわけですし、投資対象にREITを組み入れておけば、より安心かも知れません。

投資資産がもっと増えたら、他の投資対象も組みれてみようと思いますが、とりあえずこのまま米国株とREITの投資信託で続投していこうと思います。

読者の皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングに投票していただくか、SNSで共有してくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう