注目記事
ダッチオーブンはいらない! ローストチキンは寸胴鍋

キャンプでやってみたい料理と言えば、ローストチキンや燻製料理ですが、道具が増えすぎるのも考えものですよね。

ダッチオーブンや燻製用のスモーカーといった専用のアウトドアグッズがなくても、鍋一つで燻製もローストチキンもできることを実証できたので、その方法を紹介したいと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

スモーク料理もローストチキンもできる鍋とは?

燻製料理に使う専用のスモーカーは特別高い道具ではないですし、折りたためるタイプのものを選べばそれほど荷物にもなりませんが、ローストチキンを作るダッチオーブンはシーズニングなどのメンテナンスも面倒くさいですし、鋳鉄製のものは重量も相当なもの。

かと言ってメンテナンスが楽なステンレス製のダッチオーブンは2万円以上もするので、値段がやたら高いのも考えものです。

しかし、よく考えてみるとスモークもローストチキンも「鍋に蓋をして火にかければできるよね」という発想で、以下のような条件で理想的な鍋を探してみことにしました。

万能鍋の条件
    • 炭が置ける蓋がある
    • つる付き
    • 軽い

    気をつけておきたいのは、ローストチキンなどのオーブン料理の場合、蓋の上からの熱源を必要とするので、ガラス製の蓋の鍋は選ばないこと。蓋は炭を置きやすい平らなものがベストですね。

    また、つる付きの鍋なら上から吊るすことができるので、トライポッドで遠火にしたりと火力を調整できるので便利です。

    自身が選んだ鍋は、キャプテンスタッグのアルミ製寸胴鍋28cmサイズ。これなら丸鶏も問題なく入るだろうという大きさ。

    アルミ製でたったの1kgなので、めちゃくちゃ軽い鍋です。

    同じくキャプテンスタッグのダッチオーブンや燻製で使える底網25cm用をチョイス。鍋の内径が分からなかったので、やや小さめですがこれにしました。

    自身はユニフレームのファイアグリルとFGポットハンガーを使ってますが、火加減を調整するトライポッドがあれば特に必要ありません。

    スモーカーはいらない! 燻製料理は寸胴鍋

    鍋の底にアルミホイルを敷いて、その上にスモークチップを適量置いて底網をセット。

    ①アルミホイル→②スモークチップ→③底網→④食材の順番でセットして、蓋をして火にかければオッケー。

     

    できあがったベーコンと玉子の燻製は大成功! 味も抜群に旨かったので家族であっという間に食べてしまいました。

     

    トラウトサーモンとチーズも燻製にしましたが、サーモンは大成功したもののチーズは時間をかけ過ぎてご覧の通り溶けてしまいました(泣)

    時間をアバウトにしたのが失敗でしたが、どちらも味は抜群!

    チーズは火加減と時間に慣れれば上手くいくはずです。

    ダッチオーブンはいらない! ローストチキンは寸胴鍋

    ①アルミホイル→②底網→③食材という順番で鍋にセットして蓋をします。

    しばらく火にかけた後、鍋からブシュ〜っと音がするので、すかさず蓋の上に熱々の炭を置きます。

    蓋を汚したくなければ、アルミホイルを置いてから炭を置けばオッケー。

     

    初めてのローストチキン! 2

    蓋に炭を置いた後、弱火にして1時間ほどじっくりと待てばローストチキンの出来上がり!

    鶏肉はホロホロに柔らかく仕上がり、野菜はグズグズになっていい感じになりました。これも大成功!

    ジューシーな鶏肉が美味しいのはもちろんですが、まるごと野菜の甘さにびっくりです。

    おわりに

    スモークもローストチキンも専用のキャンプグッズなら更に美味しくできるのかも知れませんが、鍋で代用してもさほど大差はないんじゃないかと思います。

    キャンプ飯に凝り始めると、どんどん道具が増えてしまうので、こんな方法も試してみてはどうでしょうか?

    荷物が少なくなって身軽になるのでおすすめですよ。

    読者の皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングに投票していただくか、SNSで共有してくださいね。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    スポンサーリンク

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事