注目記事
【きなりの郷キャンプ場】夏の家族キャンプ!

夏のお盆休みは家族で「きなりの郷キャンプ場」に行ってきました。

真夏で2泊3日ということで、3日間暑さに耐えられるかどうかが心配でしたが、スグ近くに川も温泉もあるので、なかなか快適に過ごせたキャンプ場でした。

下北山スポーツ公園【きなりの郷キャンプ場】

「きなりの郷キャンプ場」は、下北山スポーツ公園の中にあるキャンプ場で、敷地内にはサッカー場やテニスコート、温泉などもあって設備が充実しているので、キャンプ初心者にはうってつけのキャンプ場。

 

キャンプ場受付の管理棟には、細かいキャンプグッズがたくさん販売されていて、ほとんどの備品が揃いそうな感じでした。

チャッカマンや懐中電灯だけでなく、ガスランタンのマントルなんかも販売されていたので、何か忘れ物をしても安心してキャンプを楽しめます。

ちなみに、この辺りは近くにコンビニがないんですが、ブロック氷も受付で入手できたので、2日目はホントに助かりました。

 

 

受付を済ませて車でゲートを通過すると、下北山スポーツ公園のシンボルとも言える「池原ダム」が見えます。

写真ではあまり迫力が伝わりませんが、目の前まで行くとこれがなかなかの迫力!

よくは知りませんが、この絵面が「進撃の巨人」を連想させるんだそうです。(ふ〜んなるほど知らんかった)

 

ダムの反対側はコテージやフリーサイトズラリと並んでるんですが、めちゃくちゃ広いので車の乗り入れはラクラクです。

私達ファミリーが泊まる区画サイトは、この先の奥まで進むので、ダムの目の前でテントを張ることはできません。(ちょっと残念)

ダムを目の前に泊まりたい場合は、コテージかフリーサイトがおすすめです。

 

1日目

こちらが区画サイトの敷地内です。 せっかくなので到着記念に写真を一枚パシャリ!

 

山に囲まれているので、大自然を満喫できる雰囲気。

 

猛暑の中でテント設営

猛烈な暑さの中、ハイエースの横にテントを設置!

この2ルームテントを張るのはこれで2回目なので、要領はある程度つかんでいたものの、このクソ暑い中でのテント設営はやはりキツいものが・・・。

「ビジョンピークス クワトロアーチ2ルームテント」を選んだ理由を知りたい方は『ファミリーキャンプに最適なテントを探すとコレになった!』をご覧ください。

タオルで汗を拭いながら、荷物のセッティングとテント設営を含めて、なんだかんだで1時間はかかったと思います。

「あ〜やれやれ」といったときの写真です(笑)

 

「きなりの湯」で汗を流す!

汗を洗い流すため、とりあえず温泉「きなりの湯」にレッツゴー!

きなりの湯 外観

引用元:https://www.kinarinosato.net/

 

テントサイトからは歩いていける距離に温泉「きなりの湯」があるんですが、真夏に歩いて行くにはちょっと遠く感じる距離だったので、車で温泉まで移動しました。

テントサイトの区画にもよりますが、温泉まで徒歩なら10分くらい、車なら3分くらいの距離でした。

 

きなりの湯 露天風呂

引用元:https://www.kinarinosato.net/

きなりの湯 内湯

引用元:https://www.kinarinosato.net/

 

「きなりの湯」では食事もできるし、土産コーナーもあってこちらもなかなかの充実ぶり。

今回はキャンプの食材を用意してたので、こちらで食事はしませんでしたが、ご当地メニューの「ダムカレー」はかなり旨そうでした。

「きなりの湯」公式サイトはこちら >>

 

初めてのローストチキン!

夜はいよいよ今回のキャンプのメインイベント! ローストチキンの初挑戦です!

以前大学時代の友人にダッチオーブンで作ったローストチキンを食べさせてもらったんですが、その時の感動が忘れられなかったので、今回家族のために挑戦することにしました。

 

普通はダッチオーブンでローストチキンを作るんでしょうけど、「蓋ができればダッチオーブンでなくてもできるんちゃうん?」と思ったので、安くて軽い鍋で作ってみることに。

 

アルミの鍋で作ったローストチキンなので、ホントに上手くいくか不安でしたが、思った以上に上手くいきました!

実際に食べてみるとコレがかなり旨い!

じゃがいもはホクホク! 人参も玉ねぎもグズグズで甘くなっていて最高でした。

嫁さんと子供からも大絶賛をいただきました。 あ〜、よかったよかった。

 

まったりと星空撮影

お腹もいっぱいになったところで、夜空を見上げるとたくさんの星を確認できました!

 

天の川までは見えなかったものの、都会育ちの我がファミリーにとっては感動の星空です。

しばらく星空を眺めたあと、1日目の消灯としました。

2日目

家族で一日中川遊び!

2日目は暑さが本格化する前にササッと朝食を終わらせ、近くの川へ泳ぐことにしました。

といっても川遊びがこのキャンプの一番の目的だったりします(笑)

 

下北山スポーツ公園の敷地から一旦出て、車で5分くらい走ると川遊びができる場所があります。

有料にはなりますが、300円で火を使うこともできるので、食料とガスコンロを持っていけば、一日中川で遊ぶことができます。

 

駐車する場所は早いもの勝ちなので、ベスポジを抑えておくなら早めに入るのがおすすめ。

車は一度入庫すれば何度でも出入りできるそうですが、再入庫する際に満車になっていれば駐車できなくなるので、必要なものは事前にしっかり用意しておきましょう。

 

川に着いた後のうちの次男の行動は高速です!

素早く網を持って魚の捕獲作戦開始です(笑)

 

「パパ早くおいで〜」という次男の催促。

 

川は綺麗! 空も青々! 絶好の川遊び日和です。

 

少し上流の方まで歩いていくと、ちょっとした深場もあるので大人も楽しく泳ぐことができますよ。

8月の日中の暑さに対して水の冷たさが丁度いい感じで最高の川遊びができました。

 

3日目

3日目はキャンプ場をチェックアウトした後、帰り道で温泉と鍾乳洞に寄り道することにしました。

山奥の秘湯へ!「入之波温泉 山鳩湯」

 

近辺を調べてみると山奥に秘湯っぽいいい感じの温泉「入之波温泉 山鳩湯」を見つけたので、行ってみることにしました。

 

国道169号線から「大迫貯水池」で県道224号を奥へ奥へズンズン進んで行くと、吉野川沿いに「入之波温泉 山鳩湯」があります。

 

写真奥に見えるのが温泉の入り口なんですが、階段を下へ下へと降っていった先が入浴する場所になります。

この建物の構造が、またなんとも冒険心をくすぐります。

 

ここか「入之波温泉 山鳩湯」の入り口です。 ちょっと階段が急なので足元にはご注意を。

引用元:http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/

 

温泉内の写真は引用させていただきました。

いかにも秘湯!という感じがたまりません! 少しぬるめのお湯が優しい感じのいいお湯でした。

夏もいい感じでしたが、紅葉の時期に行くのもよさそうですね。

自身のお気に入りの温泉にインプットされましたが、嫁さんの大絶賛も得られてよかったです。

 

「不動窟鍾乳洞」で夏の暑さをクールダウン!

温泉でスッキリした後は、169号線に戻って「不動窟鍾乳洞」で涼を楽しむことにしました。

夏の鍾乳洞は大好きなスポットなんです。

 

鍾乳洞は入り口から階段を下っていった先にあります。

 

ここから先は涼しい鍾乳洞になっておりますよ。奥からは既に涼しい空気が漂ってきます。

 

今までいくつか鍾乳洞を体験してきましたが、鍾乳洞の中で滝を見たのは今回が初めて!

鍾乳洞の中で見る水の流れはまた格別に美しいです!

涼しさも更にアップして心も体もクールダウンできました。

 

おわりに

今回の夏はマスクを着用してのキャンプとなり、暑さに耐えることが必要でしたが、川遊びや温泉、鍾乳洞に助けられて涼を得ることもできました。

ローストチキンも成功を収めることができたので、夏のキャンプを満喫できたと言えるかと思います。

「もうちょっと涼しいキャンプがいいかな〜」なんて思いながらも、次のキャンプへの期待も高まりました(笑)

なにはともあれ、早くコロナがなくなって、心からキャンプが楽しめる時期がきてほしいものですね。

それではまた!

読者の皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングに投票していただくか、SNSで共有してくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事