最近のテレビが面白くない理由はコレだ!私は芸能人の芸が見たい!

いつからかなんだかテレビが面白くないと思うようになったんですが、どうやらそう感じていたのは自分だけではないようです。

今回は「なぜ最近のテレビ番組はこんなにも面白くないのか」その理由について自身の見解を書いてみたいと思います。

こんなことをわざわさ自分のブログで記事にしても仕方ないんですが、どうしても今まで気になってたことなので、あえて記事にしてみることにしました。

尚、この記事は最近のテレビ番組に関する不満や愚痴になっているので、何も得られませんし何かのためになるような記事ではありません。予めご了承いただいた方のみ、読み進めていただければと思います。

テレビよりもYouTubeがおもしろい

そういえば自身もテレビをオンしてもYouTubeかAmazonプライムビデオといった動画配信サービスの方を利用していて、地上波を見るのはニュースくらいです。

最近では子供たちもテレビをほとんど見ないようで、うちの小学生の息子もテレビはほとんど見ておらず、もっぱらYouTubeばかりを見ています。息子の友達に聞いても、芸能人の名前は知らないけどユーチューバーの名前は知っているみたいです。

子供につられてYouTubeを見ているというわけではないんですが、自身もテレビよりYouTubeやAmazonプライムビデオなどの動画配信サービズを利用する方が多くなっています。

テレビで地上波を見たとしてもチャンネルをあっちこっち切り替えるだけで、見る番組が定まらず・・・。結局YouTubeかAmazonプライムビデオを起動します。

地上波でやっているテレビ番組が面白くないからチャンネルをザッピングしてしまうんでしょうね。まあそんなときはテレビ見なくていいんですけど、目線のやり場に困るからBGM感覚でただテレビをつけている状態が多いです。

テレビはなんとなく寂しいから点けてるだけで、見たいものはYouTubeや動画配信サービスというのがもっぱらです。

単純な話、テレビを見るよりYouTubeを見たり、Amazonプライムビデオを見てる方が楽しいんです。

最近テレビが面白くない!つまらない!その理由は

テレビが面白くないと思うようになったのは10年くらい前でしょうか?

それまではそこそこテレビも面白かったように思うんですが、ここ最近どの時間帯でもどのチャンネルでも同じような番組をやっていて、どうもそれがテレビがつまらなくなったと感じる理由のような気がします。

「ああ〜なんでこんなにテレビっておもろないんやろ」ってなんとなく思ってたんですが、「なぜテレビが面白くないのか」その理由が分かったので以下にまとめてみました。

テレビが面白くない理由
    • クイズ番組ばかり
    • グルメ番組ばかり
      • You ubeやSNS動画の感想ばかり
      • 芸能人同士で勝手に楽しんでる
      • ダラダラと長い
      • 芸能人が芸を見せてくれない

    クイズ番組ばかり

    とにかくクイズ番組が多すぎますね〜。あっちもクイズこっちもクイズ どこもかしこもクイズです。

    こっちはクイズの答えを早く知りたいのに芸能人がわざとボケるところをさんざん見せられるというパターンです。しかもこのわざとボケる時間があまりにも長い! さっさと早送りしたい気分です。

    「そのしょーもないボケいらんからはよ次に進めてくれーーっ!」というのが率直な感想です。

     

    グルメ番組ばかり

    グルメ番組もそろそろキツいものがありますね〜。特に庶民に手の届かないような高級料理の食リポはホントにキツい。もはや芸能界の金持ち自慢にしか見えないのが辛い(泣)

    「お前らみたいな貧乏人は食べられへんやろ〜?」というふうにしか見えなくなっているのは、私がひねくれているせいなのかも知れません(笑)

    あと、芸能人の無駄な食リポはホントにいらないなぁ〜って思います。

    視聴者に味を伝えるという趣旨は分かるんですけど、美味しさはあれこれ言葉で飾っても嘘っぽく見えてしまいます。

    そういえば何かの番組で綾野剛さんが何も言わずに黙々と美味しそうにご飯を食べるシーンがあったんですけど、あれはホントに旨そうでした〜(笑) 旨いものには無駄な言葉はいらない!

     

    YouTubeやSNS動画の感想ばかり

    最近急激に多くなったと思うのが、芸能人がYouTubeやSNSの動画を見て感想を言うだけの番組。これって芸能人の感想とかいらないんですけど・・・っていつも思います。

    動画再生中に画面の隅っこに芸能人の表情が小窓に映し出されているんですけど、コレもいらないんですよね〜。

    ちなみに画面の隅に人の顔を表示させる技法をワイプというそうで、ここに表示される芸能人を「ワイプ芸人」というそうです。

    SNSの衝撃映像にワイプ芸人くっつけるの無駄だと思うんですけど、そういうのが好きな人もいるんですしょうか?・・・

    正直なところ、衝撃映像をまとめてダダ流ししてくれるだけでいいんです。 あっ! それだとYouTubeでいいか!

     

    芸能人同士で勝手に楽しんでる

    クイズにしてもグルメ番組にしても、芸能人やその関係者同士だけで楽しんでる映像を見せられている感があります。

    昔は一般視聴者がクイズ番組に参加して、海外旅行や車が当たるとか一攫千金が狙えるという番組がたくさんあったんですけど、そういうのなくなりましたね。

    一般視聴者が大金を得られるかも知れない!というだけで、ものすごくドキドキしながらテレビにかじりついたときのことを思い出します。

    芸能人がクイズやって、芸能人が賞金を獲得して「はい! ありがとうございました〜! みなさん次回をお楽しみに〜」みたいな終わり方。 なんじゃそら!って思っちゃいますよね〜。

     

    ダラダラと長い

    これも最近多くなったと思うんですが、とにかくひとつの番組が2時間や3時間と長いっ! ひたすらに長い!

    クイズ、グルメ、動画の感想だけで2時間も3時間もチンタラチンタラさすがに飽きるわっ!って思っちゃいますね。2時間見てられるのは映画くらいなもんで、私のようなオッサンは、どんなテレビ番組も1時間でお腹いっぱいです。

    なんちゃら3時間スペシャル!とかいう番組ばかりで、むしろスペシャルじゃない番組が少ない気がします。

     

    芸能人が芸を見せてくれない

    実は、これが一番テレビが面白くなくなった理由なんじゃないかと思のが、「芸能人が芸をやらなくなった」ということ。

    俳優さんは演技をやってナンボやし、お笑いタレントはお笑いのネタをやってナンボやと思うんですが、俳優さんもお笑いタレントさんも自分たちの芸を披露するどころか、みんなクイズや食リポをやってる状態。

    正確には大人の事情で「テレビで芸能人が芸を披露するチャンスがなくなった」というのがホントなのかも知れませんが、芸能人の特技が生かされていない番組があまりにも多すぎます。

    芸能人は芸を見せてる姿が一番素晴らしい!

    俳優さん、お笑い芸人さん、ミュージシャンといった芸能人はクイズや食リポやってるより、それぞれの分野で活躍して欲しいってホントに思います。

    特にお笑いタレントの方々には是非ともネタを披露し続けて欲しい!って思います。

    例えば、自身は今まではサンドウィッチマンをクイズ番組や食リポでしか見たことがなくて、それほど面白いと思ってなかったんです。

    しかし実際に2人がコントをしてる姿をYouTubeで見てめちゃくちゃ面白くて感動してしまったんです!

    建築士は結構好きなコントなんですが、このコントをきっかけにサンドウィッチマンにハマってしまっています。

    えっ!? 今更? という声が聞こえてきそうですね(笑)

     

    このコントも大好きで、これは子供と一緒に腹抱えて笑っちゃいました! ただしこのコントは腹筋がヤバいことになるので気をつけてくださいね(笑)

    ほんの一例ですがやっぱりコントやってる芸人さんはマジで凄いですね!

    サンドウィッチマンってこんなにおもしろいコンビだったんだ!と気付かされた動画なんですが、他の芸人さんのコントも面白いので、本気で笑いたい人はテレビよりもYouTubeで芸人さんのコントを見る方がおすすめです!

    つまり、芸能人は本職やってる方が輝いている!ということを声を大にして言いたいわけです!

    もうクイズや食リポはいいから、もっとたくさんネタを見せて欲しい! ホントに心からそう思います。

    おわりに

    ということで、なんだかテレビ業界に対する愚痴みたいになってしまいましたが、本心としては芸能人のみなさんを応援したいんです。

    俳優さんは演技を! お笑いタレントはお笑いネタを! アイドルやミュージシャンは歌や音楽を!

    なんの得もないこんなしょーもない記事を最後まで読んでいただいたことを感謝しております。

    それではまた。

    読者の皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングに投票していただくか、SNSで共有してくださいね。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    スポンサーリンク

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう