注目記事
BASEでイラスト販売して副収入を得るのは意外と簡単です!

ネットショップを開業するときに悩むのが、「システムやサービスはどれを利用するのか」ということじゃないでしょうか?

いろいろ検討した結果、自身の場合はBASEを選ぶことにしました。

「これからネットショップを初めてみたい!」「BASEが気になるけど実際どうなの?」という方の参考になってくれればと思ったので、自身がなぜBASEでネットショップを始めることにしたのか。その理由について解説したいと思います。

ネットショップ開業はBASEを選んだ6つの理由

ネットショップを開業することは決まったけど、いざ始めるとなると、どんなシステムを利用するのがいいのか悩んでしまいますよね。

お店のサイトを独自で作ったりワードプレスを使う方法もありますが、初期費用が必要だったり、ITの知識がないと難しい方法はハードルが高いので、純粋に商品を販売することに集中したいなら、簡単にネットショップを開業できるサービスを利用するのがよいかと。

最近ではBASEやSTORESが有名ですが、どちらも簡単な決済システムがセットで付いてるので、パソコンやスマホの操作だでけでお金の管理ができます。

自身の場合、「BASE」「STORES」を比較しましたが、最終的にはBASEでネットショップを開業することにしました。

 

BASEを選んだ理由は以下の通りです。

  1. 無料でネットショップを開店できる
  2. 簡単にネットショップを開店できる
  3. 無在庫販売がしやすい
  4. 在庫販売もできる
  5. デジタルコンテンツを販売できる
  6. InstagramやFacebookと相性がいい

 

① 無料でネットショップを開店できる

ネットで商品を売るのが初めてだったので、「そもそも売れるかどうか分からない」ということと、「続けられるかどうか分からない」ということもあって、無料なら始めやすいというのがありました。

無料だから「とりあえずやってみる」という感覚で、ネットショップを気軽に始められるのが嬉しいポイントです。

 

② 簡単にネットショップを開店できる

BASEに無料登録して必要事項を入力したら準備完了。あとはブラウザで一定の操作するだけなので、簡単にネットショップを開くことができます。

商品の写真などの材料さえ揃っていれば、その日のうちにネットショップを始めることも可能。

複雑なHTMLなどの知識がなくてもいいので、商品を販売することだけに集中できます。

 

③ 無在庫販売がしやすい

BASEはブラウザで管理画面を操作するだけで、自分でデザインしたTシャツやスマホケースを商品として販売できます。

お客さんから注文が入ってから工場に発注する受注生産型になるので、在庫を持たずにオリジナルグッズの販売が可能になります。

無在庫での販売については関連記事『【オリジナルグッズの在庫なし販売】メリットとデメリット』『オリジナルグッズの無在庫販売ならBASEがおすすめ!その理由は?』で詳しく解説しています。

 

また、他のオリジナルグッズ作成サービスを追加してBASEと連携できるので、これらのサービスも利用すれば、販売できるグッズの種類が豊富になります。

ちなみに自身の場合「オリジナルプリント.jp」「pixivFACTORY」「Canvath」を利用していますが、中でも比較的作れるグッズの種類が豊富な「オリジナルグッズプリント.jp」はおすすめです。

 

④ 在庫販売もできる

他の無在庫販売ができるサービスを利用した場合、実際に商品を仕入れて販売する在庫販売ができないというデメリットがあります。

BASEなら在庫販売もできるので、無在庫と在庫の両方の商品を取り扱うことができるので、他のサービスを比べて自由度が高いと言えます。

最初のうちは無在庫販売でテストしてみて、ショップが軌道にのってきたら在庫販売を取り入れるということができるのは大きな決め手だったりします。

 

⑤ デジタルコンテンツを販売できる

販売する商品は形になったモノでなくてもオッケーで、デジタルデータを販売することもできます。

自身の場合、イラストを描いてJPEGの画像データも販売したかったので、デジタルコンテンツを販売できるのも大きな決め手となりました。

デジタルコンテンツなら、売れたらお客さんが勝手にダウンロードできる仕組みになってるので、ショップ運営者は何もしなくてもオッケーです。

 

⑥ InstagramやFacebookと相性がいい

ネットショップを開店したら宣伝が必要ですが、BASEは「Instagram販売」という連携機能があるのもメリットのひとつ。

ちなみにInstagramはFacebookが運営しているので、当然Facebookとも連携できるということでもあります。

BASEで公開した商品をInstagramとFacebookを利用して効率良く宣伝できるので便利です。

まとめ

ネットショップを開業するときは初めての経験が多くなります。

販売方法や値段のことなど「これはどうれすればいいの?」という場面がちょこちょこあったりするので、少しでも簡単な方がいいですよね。

「本気でやるなら独自システムの方がいい」という意見もあるかと思いますが、BASEでネットショップを本気でやってもいいんじゃないかと思います。

BASEは売れた商品の売上からシステム利用料と決済手数料が差し引かれる仕組みなので、売れたときに売れた分だけの利用料を支払うだけで実質リスクもナシ。

いずれにしても、無料でネットショップを始められるのでリスクも最小限ですみます。結局「副業感覚でネットショップ始めるなら結局BASEですよね」という感じになってしまいました。

副業のネットショップでも、真面目にやれば少なくとも売上ゼロ円ってことはないかと思います。これからネットショップを始めたいという方は、まずはBASEで気軽に初めてみてはどうでしょうか。

BASEで確実に商品を売りたい方は『BASEのネットショップで商品が売れない!原因と対策は?』も参考にしてみてください。



読者の皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングに投票していただくか、SNSで共有してくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう