注目記事
スポンサーリンク

ハイエースをキャンピングカーに改造して購入したので、それまでの過程を購入記として残しておこうと思います。

「ハイエースをキャンピング仕様にしたい!という方の参考になれば嬉しいです。

ハイエースをキャンピングカーにする

所有していたラクティスの次の車検が近づいてきたことと、家族4人でキャンプに行くにはラクティスのサイズでは荷物がパンパンだったので、たくさん荷物が積める大きい車の購入を考えていました。

最初は「アルファードとかがいいなぁ」なんて思ってたんですが、家族4人だし3列目のシートまでは不要。

しかもガソリン代、税金、タイヤ代まで全部高くなるのも嫌だったこともあり、検討の結果、車種はハイエース標準サイズのディーゼルに決定しました。

標準サイズなら税金も安いし燃料代も安いので、ここまでの決定には時間はかかりませんでした。

車種をハイエースしようと決めてからは「せっかくだし、キャンピング仕様にしてみようかな〜」なんて思ったのです。

ハイエースを改造してくれるお店はどこ?

ハイエースをキャンピングカーにするには、キャンピング仕様にしてくれるお店を探さなくてはなりません。

そこで、とりあえずネットでハイエースの内装を改造してくれるお店を探してみましたが、それらしいお店がなかなか見つかりませんでした。

それでも、ネットで調べていくうちに何やら「バンコン」というキーワードが出てきたのです。

どうやら自身が求めているハイエースの形は「バンコン」というものらしい事をここで知ることになりました。

早速「ハイエース バンコン」で検索してみると、いくつかいい感じのお店を見つけたのですが、自身が住んでいる関西にはハイエースをキャンピングカーにしてくれるお店はほとんど見当たりません。

そんなわけで、せっかくキャンピングカーにするんだし、ここは妥協したくなかったので、多少場所は遠くても一番気に入った改造をしてくれそうなお店に依頼してみることにしました。

いくつか候補のお店はあったのですが、一番お気に入りの内装デザインがネットで掲載されていた【ケイワークスさん】に連絡してみることにしました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

KWORKSさん(@kworks_campingcar)がシェアした投稿 -

車両持込みでも改造してくれるの?

基本的にどこのお店でも車両と改造はセットでの販売のようなのですが、以前からずっとお世話になっているトヨタのカーディーラーさんで車両を購入しようと思っていました。

なんとなく人付き合いって大事だと思ってるんで・・・、これからもディーラーさんには末永くお世話になろうと考えていました。

そんなわけもあって、ケイワークスさんに「車両持込みで改造だけお願いできますか?」という質問をしてみました。

「多分断られるだろうな〜」なんて思っていたのですが、以外にもOKとのこと。

早速、トヨタのディーラーさんでハイエースの車両を注文することにしました。

仕様を決定するまで

次はケイワークスさんに、「どんなキャンピングカーにするのか」を相談。

既にケイワークスさんのサイトで、オーロラスタークルーズのエヴァンスかクラシックバンを見ていて気に入っていたので、それぞれ見積りをお願いしました。

自身の用途として、不要なものをカットしたり、オプションで付けて欲しいものなどの要望をメールと電話で伝えました。

床下収納と水回りを無しにした場合、FFヒーター、ポップアップルーフ、断熱材など、オプションの有り、無しなどといった、見積もりを何度も丁寧に提案いただきました。

なんだかんだ合計7パターンくらいの見積もりを頂戴したと思います。

たくさん見積もってもらったにもかかわらず、ほぼ最初に提案してもらった仕様に決定。

オーロラスタークルーズのエヴァンスに落ち着きました。

「ケイワークスさんのサイトに掲載されているバンコンはまさにベストな仕様なんだな」ということを改めて痛感致しました。

 

【オーロラスタークルーズ エヴァンズ】http://kworks-aurora.com/aurora-lineup/van-conversion/evans/

ポップアップルーフは超人気!

ハイエースを改造する仕様が決まったところで、納期を確認すると、どうも1年くらいかかりそうな感じでしたが、どうやら作業の期間ではなくポップアップルーフ施工の順番待ちとのこと。

「ポップアップルーフってそんなに人気があるのか!!」

2018年3月頃に最初の連絡をしたのですが、作業に取りかかれるのは、それから6ヶ月後の9月ということになりました。

ポップアップルーフ付けてなければ2〜3ヶ月あれば完成してたかも知れませんが、ここは妥協せずにゆっくり待つことにしました。

車両持込み

いよいよ車両持込みの日がやってきたので、ディーラーさんと日時を調整して積車にハイエースの乗せて豊橋まで行ってきました。

ケイワークスさんに到着して、家具の色や材質をサンプルを見ながら全部決めてきましたが、選べる色の種類の豊富さにビックリしました。

自分の中では、サイトで見ていたエヴァンスやクラシックバンのイメージが出来上がっていたので、選ぶのには時間はかかりませんでしたが、お客さんによっては丸一日かかっても決まらない方もいるそうです。

実際に作業している工場を見せてもらったり、少しお話をししてから、その日はケイワークスさんをあとにしました。

施工

作業開始以降は、ケイワークスさんから定期的に作業の進捗状況をメールと写真で送ってくれました。

この間、奥さんと子供たちから「まだかまだか」と言われていたのは言うまでもあません。

進捗状況 11月

最初に送ってもらった断熱施工中の写真ですが、床下収納も出来上がってました。

 

進捗状況 12月中旬

配線まわりの作業とポップアップルーフ、サイドオーニングの取り付けもできていました。

着々をと進んでいるようで、なんだかワクワクしてきます。

 

進捗状況 12月下旬

自身も家族も写真を見て「おお〜っ!」とやや興奮気味。

内装も出来上がってきて、いよいよ納車が近くなってきたことを予感させる写真を頂きました。

車両引取り

2019年2月14日車両引取りの日となりました。

この日もディーラーさんと一緒に積車でケイワークスさんに行ってきました。

車両引取時は、ポップアップルーフやサイドオーニングの使い方、シートの展開方法、補助バッテリーの扱い方など、キャンピング仕様の部分を実際に車両を触りながら丁寧に説明してもらいました。

 

電装品の取扱説明書ももらえたので、注意点を忘れてしまっても安心。

基本的に特別なメンテナンスはあまり必要ないようで、それほど神経質にならなくてもよさそうです。

この日は、ケイワークスさんの社長さん、スタッフの方と記念撮影をして帰りました。

ちなみに納車日の記念撮影は恒例なのだそうです。

ケイワークスのスタッフの皆様、本当にありがとうございました!

任意保険の契約

車両の引き取りに行ったあとは、そのままディーラーさんでナンバーや車検証などの手続きをしてもらっているので、その間に任意保険の契約をしなければなりません。

自身の場合、契約している自動車保険の車両変更手続きをしましたが、一般の乗用車と違ってキャンピングカーは8ナンバーとなります。

保険会社によっては8ナンバー車は契約できない場合があるようなので、事前に保険会社で確認しておいた方がよいかと。

もし契約している保険会社が8ナンバーで契約できない場合は、「シェアティブ」というキャンピングカーのための保険会社に切り替えてもよいかと思います。

ソニー損保で8ナンバー契約したい方は『ソニー損保で保険契約できた!キャンプ用8ナンバーのハイエース』も合わせて参考にしてみてください。

祝! 納車!

無事に8ナンバーでの自動車保険の契約も完了し、納車日となる2019年2月28日がやってきました。

この日はこれまでお世話になった愛車ラクティスに乗ってディーラーさんに向かいました。

ディーラーの営業さんには、ケイワークスさんまでの車両持込みと引き取り、日程調整などホントにお世話になりました。

結局、車両を注文してから1年かかってしまいましたが、ようやくこれで全てが完了!

 

我が家の狭い駐車場にはピッタリサイズのハイエースです。

広い車庫があればワイドボディのハイエースを買ってたと思いますが、この駐車場では標準サイズのハイエースで十分でした。

 

ディーラーさんでは、これまで頑張ってくれた愛車ラクティスと、新しい愛車のハイエースの間で記念写真を撮ってもらいました。

ときどきこの写真を見て心改に安全運転で楽しもうと思います。

ホントにありがとうございました!

ハイエースのバンコンを購入した感想

実際にハイエースのバンコンを購入してみた感想としては、仕様を決めるまでアレコレ考えすぎて正直しんどかったです。(笑)

「自分でこうしたい!」って思ってケイワークスさんに相談してみると、法的な制約とか物理的な制限があってできないこともあるみたいです。

ハイエースを8ナンバーのバンコンに仕上げるまでには、ホントにいろんな制限があるんですね。

多くの制限の中、これだけ完成度の高いキャンピングカーに仕上げてくれるケイワークスさんのノウハウと努力はスゴイものだと感じました。

メールや電話での対応も丁寧だったので相談しやすかったのもよかったです。

素敵なキャンピングカーだけでなく、ケイワークスさんの心のこもった対応とご提案にホントに感謝です。

 

納車してすぐにポップアップルーフとサイドオーニングを広げてみたときの写真です。

結構お金かかっちゃいましたが、何度も購入できるようなものではないので、妥協しなくてよかったと思っています。

これからはこのハイエースで車旅を存分に楽しみたいと思います。 もちろん安全運転で・・・。

皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたらならポチッとブログランキングへ応援お願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事