注目記事
スポンサーリンク

子供がサッカーでプレーしているシーンを一眼レフのカメラで撮影しても、手ブレ写真ばかりだったり、選手が小さく写ってしまうことがあるかと思います。

ある程度の撮影テクニックも必要ですが、まずは必要な機材を揃えることが先決。

今回は、少年サッカーの写真撮影で必要な機材についてのお話です。

一眼レフのカメラを使っても、サッカーの撮影が上手くいかないという方は、是非参考にしてみてくだいね。

少年サッカーの写真撮影では望遠レンズと一脚とが必要

少年サッカーの写真撮影では望遠レンズと一脚とが必要

子供がサッカーをしているシーンをカッコよく撮影しようと思うと、一眼レフの他にも揃えておきたい機材として「望遠レンズ」「一脚」があります。

この2つの機材があるのとないのとでは、撮影する写真の仕上がりに大きく差が出てくるので、必ず揃えておくことをおすすめします。

望遠レンズ

望遠レンズは、一眼レフを購入する際にダブルズームキットを選ぶと、最初から300mmくらいの望遠レンズが付いているかと思いますが、実際のところズームキットに付属される300mmのレンズでは、サッカー撮影ではちょっと厳しいものがあります。

300mmでも撮影できなくはないですが、サッカーコートの遠くにいる選手を撮影すると、最大にズームにしても選手が小さく写ってしまうので、できれば400mmくらいの望遠レンズは欲しいところ。

ベストな撮影ポジションをおさえておけば、400mmの望遠レンズでほとんどのポジションの選手を表情が分かるくらいの大きさでファインダー内に収めることができます。

500mmなどの望遠レンズもありますが、あまりにも高価ですし、持ち運びもキツいので400mmの望遠レンズが価格的にも大きさ的にもおすすめです。

自身が所有している望遠レンズは既に中古品しか販売されていませんが、同等のスペックの望遠レンズであれば、サッカー撮影に使えるかと思います。

一応、自身が使っている製品のリンクは貼っておきますので参考にしてください。

一脚

一脚

一眼レフに望遠レンズを取り付けると、手持ちでの撮影には限界があります。

400mmの望遠レンズを取り付けると、数分なら持ってられますが1試合の間ずっと持っていると男でも腕がパンパンになってきますし、手持ちで撮影できたとしても手ブレ写真を量産することになります。

そこで便利な「一脚」の登場です。

一脚はカメラとレンズの重量を支えてくれるので、カメラの重量は全く負担に感じなくなります。

また、三脚と違ってカメラを左右に素早く回転させることができるだけでなく、撮影ポジションも素早く移動することができるようになります。

コート内を縦横無尽に走る選手を追いかけるには、一脚は必須のアイテムと言えるでしょう。

また、一脚には2つのタイプがあるので、お好みの方をチョイスすればよいかと思います。

 

【安定重視】ロングタイプの一脚

一脚と言えば、ほぼこのタイプの一脚だと思いますが、地面に接地させるので安定性は抜群です。

やや機動性には欠けるものの、400mmの望遠レンズならそれほど撮影ポジションを移動することがないので特に不自由はありません。

 

畳んでもこのサイズなので、移動するときは一脚を手で持っていくことになります。

【機動性重視】ショートタイプの一脚

機動性重視のショートタイプの一脚

骨盤あたりで支えるショートタイプの一脚は、やや安定性には欠けるものの、一脚をカメラに取り付けたまま移動できるので機動性は抜群です。

撮影ポジションをチョコチョコ移動しながら撮影するなら携帯性の優れたショートタイプがおすすめ。

バッグにも入るので扱いやすい一脚です。

 

あると便利な撮影グッズ

望遠レンズを付けた一眼レフはズッシリと重たいので、カメラを引っ掛けるパーツと、一脚を支えるためのベルトポケットを使っています。

 

ピークデザインの「Capture V3」と「ProPad」をベルトにセットすれば、こんな感じにカメラを引っ掛けることができるので便利。

脱着もワンタッチですし、首にぶら下げるよりずっと楽に移動できますよ。

 

ただし、Capture V3は一脚の雲台とクイックシューのサイズに互換性がないので一脚との連携が素早くできません。

そんなときは、一脚の雲台をアルカスイス互換の雲台に交換すると解決できます。

詳しくは『アルカスイス互換雲台に交換!三脚と一脚のカメラ脱着を高速化』で解説しています。

 

ショートタイプの一脚を体で支えると結構痛くなってくるので、Velbon(ベルボン)のベルトポケットを利用しています。

これがあれば、長時間一脚を支えても痛くありません。

 

自身が所有しているVelbonのベルトポケットは一脚とセット販売しかないようなので、代用できそうなものをリンクを貼っておきます。

まとめ

望遠レンズと一脚は、少年サッカーの撮影だけでなく、学校の運動会でも大活躍するので是非おすすめしたい機材です。

ちなみに望遠レンズは運動会ので自分の子供を探しやすくなるというメリットがありますし、一脚はビデオ撮影でも使えるので、両方揃えておくと長く愛用できます。

望遠レンズと一脚を揃えて、サッカーも運動会もいい写真が撮れるといいですね。

サッカー写真撮影のコツを知りたい方は、『【少年サッカーの写真撮影】知っておきたい5つのコツ!』も合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事