注目記事
【きなりの郷キャンプ場】夏の家族キャンプ!

コロナの影響で何かと外出しにくい世の中になってしまいましたが、やっぱり夏には子供に良い思い出を作ってもらいたいので、奈良県天川村まで1泊2日のキャンプに出かけてきました。

【ファミリーオートキャンプいのせ】でキャンプ

今回は「ファミリーオートキャンプいのせ」で宿泊してきました。口コミでは何度も利用しているお客さんもいるようなので期待も高まります。

口コミを見る限り、まさに家族にうってつけのキャンプ場と言えそうです。

 

新調したテントで悪戦苦闘

前回のキャンプで長年使っていたテントが浸水してダメになったので、今回のためにビジョンピークスの2ルームのトンネル型テントを購入しました。

「ビジョンピークス クワトロアーチ2ルームテント」を選んだ理由を知りたい方は『ファミリーキャンプに最適なテントを探すとコレになった!』をご覧ください。

ホントは事前に一度テントを設営しておくのがいいんでしょうけど、我が家の近くではテントの試し張りができるような広い場所がないので、仕方なくぶっつけ本番の設営です。

事前にYou Tubeの動画を見ていたので「こりゃ簡単そうだわ!」なんて思っていたものの、いざ実践となるとやっぱり思うようにはいかないもんです。

 

夏の炎天下の下汗だくになりながらも、なんとか設営完了!

以前のテントよりスケールアップしたので、その以上の大きさに驚きつつも、「こりゃ広いわ〜!」なんて家族で感動した瞬間です(笑)

テントサイトは砂利で結構固い地面だったので、ペグとハンマーは金属製のしっかりしたものが必要ですが、管理人さんに言えばゴツいハンマーとペグを貸してもらえるので安心です。

この後、汗を流しにキャンプ場スグ近くにある川にザブンと浸かってきましたが、テント設営で疲れ果てて写真撮るの忘れてしまいました・・・。

仕方ないので、ナチュログさんのサイトから引用画像です↓↓↓

引用元:https://yutaka3326.naturum.ne.jp/e1244814.html

 

このあたりの水位はせいぜい大人の膝上くらいまでなので、大人が泳ぐにはちょっと物足りない深さですが、腹ばいになればなんとか多少泳ぐことはできます。

キャンプ場一帯の川は広い範囲で浅いようなので、小さいお子さんも安心して川遊びができます。

 

家族で初のスモーク料理で夕食

前々からやってみたかったスモーク料理を実践してみました!

思っていた以上に簡単に出来上がったので、嫁さんも子供もテンションアップ!

ベーコンも玉子もええ具合にスモーキングされました。もちろん味もええ具合でした!

 

食後の花火

去年の残った花火があったので点火してみました。 夜の花火は一気に夏っぽくなるのでいいすよね〜。

 

就寝前

そろそろ就寝時間が近づいてきたので後片付け。

 

ハイエースのサブバッテリーから作業灯を点灯してるので、我が家の区画だけやたら明るい!

若干キャンプの雰囲気が下がってしまってる感があるかも知れませんが、こういうのもアリかと。

 

続いてテントの中でゲームで遊びます。

ちなみに我が家はテレビゲームは禁止なので、ボードゲームやカードゲームは必ず持参するようにしていますが、今のところ「コリドール・ミニ」がキャンプでは楽しみやすいのでおすすめです。

次男と一緒に少しの間だけワイワイしながらコリドール・ミニで遊んだ後、テント内も消灯としました。

コリドール・ミニのレビューは『家で子供と2人ボードゲーム!コリドールミニが結構おもしろい!』をご覧ください。

 

星空撮影

消灯した後はそのまま寝ると思いきや、夜はまだまだこれから!

夜が深まるとあたりも消灯するので、星空撮影の絶好のタイミングになるんです!

静かにゴソゴソしながらカメラをセッティング!

虫の鳴きだけが聴こえる静まり返ったテントサイトで、一人で星空撮影。

 

次男がテントから出てきたので、一緒に静かにボソボソ話しながら星空を眺めましたとさ・・・。

しばらく星空を楽しんだ後、今度はホントに就寝です・・・。

 

翌朝

夜は涼しくてよく眠れました〜。翌朝は6時過ぎに目が覚めたのですがホントに気持ちのいい朝です!

 

しっかり朝食を食べた後は、次の川遊びスポットへ。

【観音峯山登山口休憩所】で川遊び

「ファミリーオートキャンプ場いのせ」から車で10分くらいの所に「観音峯山登山口休憩所」という場所があるんですが、どうもココが川遊びができそうなので行ってきました。

 

休憩所には屋根付きのベンチとトイレがあるので、ここなら安心して遊べそうです。

キャンプ場の撤収作業で汗をかいたので、早速車内で水着に着替えて川へGO!

 

駐車場から見える吊橋を渡ってから川に降りられます。

 

しっかりした吊橋だったので、嫁さんも次男も平気だったようです。

多分誰でも渡れるかと。

 

吊橋スグ下の川に到着しました〜! めちゃ綺麗な川です!

サブ〜ン!といきたかったんですが、川の水がめくちゃ冷たくて腰までしかよう入りません。

 

ホントに冷たい川なので、自身も含めて大人たちは足しか浸けない感じです。

既に腕が鳥肌が・・・。

 

そんな冷たい川でも次男は果敢に泳ぎ続けますが、まわりを見ると、以外にも子供はみんな楽しそうに思いっきり泳いでました。

ホントに子供は元気ですね〜。

この場所は浅い場所と深い場所が混在してるので、小さいお子さんは浮き輪かライフジャケットは必須かと思います。

洞川温泉で入浴とお昼ごはん

ひと泳ぎした後は、やっぱり温泉ですね!

「観音峯山登山口休憩所」から更に車で10分くらいで洞川温泉の温泉街に行くことができます。

 

温泉街の入口に大きな駐車場がある、「洞川温泉センター」に行ってきました。

 

温泉入って心も体もスッキリしたところで、次はお昼ごはん!

 

洞川温泉センターの先を歩いていけば、いくつか食事処やお土産屋さんもあります。

 

手っ取り早く目の前の「とり長」さんでお昼を食べさせてもらうことにしました。

 

このあたりの名物は「アマゴ」「鮎」「ごま」「豆腐」といった感じですが、次男はそんなのお構いなしで「他人丼」をチョイス! まあ子供はそんなもの(笑)

 

ここはやっぱり「アマゴ定食」ですよね〜。 久しぶりの川魚の塩焼きで心が弾みます!

ちなみに写真上の魚の甘露煮は、魚嫌いの嫁さんからのいただきものです。アマゴ定食には含まれません。

実はこのアマゴ定食! メインのアマゴが旨いのは当然なんですけど、副菜がどれもめちゃくちゃ旨いんです!

かぼちゃ、しいたけの煮物はめっちゃ味染みてるし、冷奴もしっかりしてる! しっかりした味付けにそうめんと漬物のサッパリ感がまたなんとも最高!

アマゴに添えてある脇役の「はじかみ」ですらこれまた旨い!

行き当たりばったりで入ったお店でしたが、予想以上の美味しさに感動しました!

嫁さんも自身と同じく「メインだけでなく副菜も全部美味しかった!」というご感想でした(笑)

なんだか食レポみたいになっちゃいましたが、美味しさを伝えたくて、つい力が入ってしまいました。

 

食後は、嫁さんが「どうしてもゴマソフトクリームが食べたい!」ということだったので、別のお店でソフトクリームを食べてから帰ることにしました。

嫁さんはとても満足そうにゴマソフトを食べておりましたよ。

おわりに

今回はキャンプはテントが新しかったので、やや苦戦する場面も多くありましたが、家族全員が夏を満喫して楽しめたキャンプとなりました。

新しいテントに慣れるまでは、もう少しキャンプの回数をこなす必要がありそうですが、また次回のキャンプが楽しみになりました。

今回の失敗を改善して、また次回に望みたいと思います。

それではまた!

読者の皆さんの応援で管理人は頑張れます! この記事が少しでもお役に立てたならポチッとブログランキングに投票していただくか、SNSで共有してくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう